耳寄り情報

動物病院の治療費はどうやって決めているのか

投稿日:

今日は趣向を変えて動物病院の会計的なお話をしたいと思います。

みなさん動物病院を使ったことがあると思いますが、

値段について疑問に思ったことはありませんか?

「何をしたら、いくらぐらい掛かるのかがわからない!」

というのがほとんどの方の悩みかと思いますが、

その「いくらなのか」という値段設定は動物病院によって異なります。

なので本日のテーマは・・・

 

動物病院の治療費はどうやって決めているのか?

 

人の病院との違い

人の病院では、各行為に対して点数が国によって定められています。

「処置A=いくら」というのがどの病院でも全く同じという事ですね。

しかし、動物病院は行為と値段に関する定めはありません

これが人の医療との最も大きな違いになっています。

そのため処置Aに対して治療費をいくらもらうかは動物病院次第であり、

値付けに関しては完全に自由です。

 

値付け自由なら、やりたい放題?

値段が自由に付けられるなら高めの値段をつけてやりたい放題では?

と思われるかもしれませんが、実際はほとんどの病院でそうなっていません。

ぼったくりの様な値段をつけることは出来ても、

その値段でずっと経営していけるかというと、難しいからです。

下の記事でも触れていますが、変な値段でやっていると客もスタッフも離れていきます。

ぼったくりの動物病院は存在するのか、それはどんな病院か

そして値段については人の医療と比べても、

同じ治療には同じような治療費・検査費になっているのがほとんどです。

人は3割負担しかしていないので、とても安く感じているだけです。

動物病院でかかる費用(値段)は高い?そう思う理由を考えてみると・・・

 

実際どんな感じで値付けをしているの?

ここについては病院の経営方針が大きく関わってきますので、

一概にこれでやってますというのは難しいです。

ただどの動物病院であっても、その土地柄や住民の医療意識の高さと、

周辺の動物病院の値段を気にしながらやっているのは間違いないかなと思います。

それに加えて病院の院長が今まで勤めてきた病院の値段設定というのも

値付けに大きく影響を与えている可能性が高いです。

あとは「薄利多売」でやっていく病院は値段を安めに設定しますし、

高度医療を謳っている病院は値段を高めに設定するなど、

病院の方針や戦略が関わっています。

 

高度医療は専門の機械や高度な検査機器(値段が高い)を使うことが多いですから、

それらの購入費をペイするために全体的な値段が高くなってしまうということです。

2次病院と呼ばれる専科診療を行っている病院はその典型例と言えますね。

 

 

まとめ

・動物病院は値付けが自由だが、他の動物病院の値段を参考にしながら

  それぞれの土地柄にあった値段がつけられている。

・値段は人の医療と比べても、同じ水準であることがほとんどである。

と結論させていただきます。

 

まあ値付けの仕方を聞いた所であまり役には立たないかと思いますが、

変な値段付けてるわけじゃないよと安心していただければ・・・

それではまた。

-耳寄り情報

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.