獣医について

獣医の給料(年収)はいくらぐらい?高いと思われても実際は・・・

更新日:

今日は皆さんが気になる獣医の給料について。

 

世間では獣医はお金持ち的なイメージがあるようで、

ヒトのお医者さんが高給取りなことから、獣医もそうだと思っているのでしょう。

残念ながら、そんなことはないです。

 

年収いくらもらっていれば、給料が高いというのかは人によって様々でしょうが、

他の士業(医師、薬剤師、弁護士、税理士など)などと比べると、給料や時給は安い方です。

大学を6年かけて、国家試験を合格して、というコストをかけた割には、

旧態依然した古臭い風習が残っていたり、拘束時間が長い、ケガが多いなど

業界としてブラック傾向なうえに給料もそれほどパッとしない、それが個人的な印象です。

 

【で、具体的年収は?】

・新卒獣医  300~350万(20~25万/月)

キャリアが5~10年以上の獣医になると、

・勤務医   500~600万

・雇われ院長 600~1000万

・独立開業  0~2000万

こんな感じに落ち着くのではないかと思います。

気になるのであれば「獣医 転職」と検索すれば獣医の求人サイトが登録なしに覗けるので、

そちらをご覧いただいてもいいでしょう。

 

上記の年収は決して安くはないですが、

職場の同僚も私も嫁さんの方が給料が高いですので、

勤務医なら普通にサラリーマンしててもあまり変わらないのでは・・・と思ってしまいます。

 

もちろん獣医には給料では計れない良い面もありますので、一部お伝えしておきます。

・治療が上手くいった際に、お客様にダイレクトに感謝してもらえる

・国家資格のため、職に困ることがまずない

・自分のペットが病気になっても安心

 

もちろん悪い面もあるのですが、今回は給与がテーマなので、語らないでおきます。

(獣医の労働環境についてお話しする時に書きます。)

 

ここからは余談ですが、獣医の給料は勤務する病院によって大きく変わります

求められる条件は同じなのに、新卒の年収が100万違うなんてこともあります。

下手をすれば年収がいい方がスキルもつくし、休みも多いなんていうことも。

ということで病院選びが超重要な職業なのです。

もちろん給料がいい所ほど激務だったり、

難しいスキルを要求されたりする方が一般的ではあります。

そのため年収ばっかり見て就職するととんでもない目にあうかも。

人間関係も働き続けるには重要な要素にはなりますし・・・

給料だけで病院を選ぶのは危険だということですね。

 

 

余談が長くなってしまいましたが、参考になりましたでしょうか?

それではまた。

 

<おススメ記事>

獣医師はモテるのか?結婚率から人気度をはかる

-獣医について

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.