獣医について

獣医師の学会所属=得意、腕が良い??学会加入の本当の理由とは

投稿日:

「出来る事なら腕のいい獣医に診てほしい」

どの飼い主さんもそう思っているとは思います。

我々、獣医師であれば一緒に働いていると

その先生の考え方や得意不得意、総合的な実力の程が見えてくるので、

身の回りの獣医については実力を推し量ることができます。

また他院から転院してきた患者さんの話を聞くことで、

転院前の病院の実力を予想することもある程度できます。

しかし飼い主さんはそういう情報は手に入らないため、

どの獣医の腕が良いのかは中々わからないものだと思います。

 

そんな中で「いろいろな学会に所属しているから」という理由で、

特定の獣医に信頼を置く飼い主さんもいますが、

果たしてそれは正しいのか?というのが今日のテーマになります。

ということで、やや前置きが長くなりましたが、

獣医師の学会所属=得意、腕が良い??学会加入の本当の理由とは

 

学会って加入条件はあるの?

私の知っている学会はどれも、入会金を払えばどんな獣医でも加入できます。

大学のように入学に一定の実力や経歴を求められることはないのです。

すなわち「学会に所属している」ということは、実力を裏付けるものではありません。

とはいえ獣医腫瘍科Ⅱ腫などの学会認定資格を取る場合には、

試験に合格する、論文を発表するなどの実績が必要ですので、

認定資格を持っている場合には実力があるという事になります。

 

学会に所属する理由とは?

我々獣医が学会に所属する理由にはいくつかのパターンがあります。

1、自身の実力をUPさせるため

2、職場の方針で加入が必要なため

3、自身の箔付けのため

それぞれ見ていきましょう。

1、自身の実力をUPさせるため

知識や技術を深めたい分野の学会に所属することで自身を向上させるのが目的です。

最もわかりやすく、理想的な理由ですね。

学会に所属すれば、会報や定時大会によって最新の発表やトレンドが分かりますし、

志を共にする仲間と協力して知識を深めることができます。

特に専門性の高い症例は一般病院ではなかなか出会う事がないので、

そういった症例の検討やヒアリングを行う事ができるのは、

学会に所属する利点として大きい所です。

 

2、職場の方針で加入が必要なため

いくつかの病院では、勤務医に対して特定の学会への加入を強制することがあります。

その学会の役職に院長や、院長の友人が就いているなどの時に、

会員数を増やしたいという思惑が反映されての場合が多いかと思われます。

加入させられた獣医師は、学会に対するモチベーションが低いのがほとんどでしょう。

本人にとって学会所属の意味合いはほとんどありませんので、

自分から学会所属をアピールすることもほぼ無いでしょう。

 

3、自身の箔付けのため

「学会に所属して力を付けています!」とアピールをするために加入する場合です。

病院内に掲示したりホームページに載せると、飼い主さんのウケが良いので、

そのためだけにお金を払って学会に所属するという訳です。

飼い主さんにとっては不快な理由かもしれませんが、これも現実なのです。

 

さて、飼い主さんが利用したいのは、

実力をUPさせるために学会に加入している意識の高い獣医師ですよね。

(意識が高いだけではなく、腕が良いというのが必要なのでしょうが。)

逆に箔付けのために加入している獣医は避けたいところでしょう。

どちらも学会所属をアピールしてきますから、この2者を区別する方法が必要です。

これをやればOKなんていうものは残念ながら無いのですが、

この場合は怪しむべし、ということが一つだけ言えます。

それは、

専門性が異なる学会に色々所属している場合です。

どういう事かと言いますと、

まず獣医が特定の専門科を極めていくのには時間がかかります。

人間が専門の科に分かれているのはそういう理由です。

それなのにあれもこれもと色々な科をすぐに極めることができるでしょうか?

大体はまず一つの科に絞って実力を磨くと思います。

なので「循環器と腫瘍と眼科」みたいなベクトルが違い過ぎる学会に複数所属していて、

それをアピールしてくるなら箔付けの可能性が高そうじゃないか?

という訳ですね。

もちろん全部の科目に興味があってとりあえず学会加入してはいるが、

今のところはまず循環器を勉強していますという事もあり得るので、

絶対ではありません、参考程度にしてください。

 

 

今日は学会に所属する理由について詳しくお話ししました。

何かの折には参考にしてみてください。

それではまた。

-獣医について

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.