動物について

猫の毛色と性格は関連があるってホント?獣医師の視点から語る

投稿日:

ネットサーフィンしていたら、猫の性格についての記事を見つけました。

データとしては2010年に東京農業大学で行われたアンケート調査に基づくもので、

猫244匹を対象に行われたようです。

参考記事:https://sippo.asahi.com/article/11928822

茶トラはフレンドリー、三毛はお嬢様気質など、

毛色と性格についていくつかの結論が出されています。

ということで上記記事の内容を踏まえながら

猫の性格について個人的な意見をお話ししていきたいと思います。

ちなみに特に何か役に立つような事をお伝えする記事ではありませんので、

気楽に目を通していただけると良いと思います。

 

毛色と性格は関連している?

実際に診療にあたっていて色々な猫と出会ってきましたが、

私自身も毛色と性格については関連があると思っています。

例えば白黒の子は大人しいとか、

三毛の子は見た目はかわいいですが性格がキツめ、とかですね。

もちろん私はデータを取っているわけではないので、

あくまでも診療で出会った猫についての体感ということではありますが。

 

家での性格と、動物病院での性格は異なる

当たり前な事ではありますが、

自宅にいる時と動物病院にいる時とでは猫の性格が異なる可能性が高いです。

記事に載っているデータでは茶トラが「おとなしい、フレンドリー」などで

好スコアになっていますが、個人的にはあまりそう思えません・・・

動物病院で茶トラの子を処置していると途中で我慢しきれず怒り始めて、

中々大変な思いをすることがしばしばあります。

「攻撃的」の項目が8色中最低値なのを見ると、

「おいおい、嘘でしょー」と思ってしまいました。

とはいえ、自宅では大人しい性格の子が一般的なのかもしれませんし、

あのデータはあくまでも自宅にいる時の性格であって、

動物病院にいった時の参考にはできないということですね。

 

性格と毛色が関連する理由は?

なぜ性格が毛色と関連するのかですが、

性格・毛色どちらも遺伝的要因で決まる所があるからだと思います。

人間では遺伝と環境それぞれ50%ずつの影響で性格が決まると読んだ事があります。

きっと猫でも同じように「性格がある程度遺伝で決まる」と予想できますので、

100%遺伝で決まる毛色と関連があるのも当然と言えましょう。

そういう研究がされているかは知らないのでただの妄想ですが、

セロトニンやアドレナリンなどの分泌に関わる領域と、

毛色に関わる領域が遺伝子上で近くに存在したりしているかもしれませんね。

 

毛色だけで性格はわかる?

毛色だけで性格を断言することはおそらく難しいでしょう。

ある程度の傾向はあるでしょうが、やはり個体差が必ずあるはずです。

また日本猫以外では毛色以上に品種の方が性格を左右しそうです。

(例えばロシアンブルーは病院で怒る子がほとんどだったり・・・)

 

 

おわりに

毛色は性格と関連しそうだというお話でした。

もし飼い始める段階で複数の子から一人選ぶなら、

毛色を参考にして好みの性格の子を狙う事ができるかもしれませんね。

あとは時間があれば飼育中の猫ちゃんの性格と、

記事内データとの比較をしてみるとおもしろいかと思います。

それではまた。

 

 

-動物について

Copyright© わんにゃんライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.