病気について 耳寄り情報

困った時だけ動物病院に行っていませんか?~具体例から学ぶ、日頃から病院に通うメリット~

投稿日:

今日は日々の診療で感じている事の中から、

早期発見の重要性に繋がるお話をさせていただきます。

普通にお話ししてもイメージが湧きにくいと思うので、

具体的な話をしていきたいと思います。

(とはいえ、内容はフィクションです)

 

具体例から学ぶ、日頃から病院に通うメリット

具体例

Aさんは10歳になるチワワのBちゃんを飼っています。

これまでは大きな病気になることもなく、ほとんど病院に行くこともありませんでした。

1年に1・2回ワクチンとフィラリアの予防に行く程度です。

そんなAさんですが、ここ最近はBちゃんの調子が何となく悪そうな事に気づいていました。

とはいえ、今までもそういった事は何度かありましたし、

数日様子を見ていれば元気になっていたので今回も特に心配していません。

ということで今回も数日様子を見ていましたが、

何だか一向に良くなる気配がありません。

徐々に食欲が無くなってきたし、食べ物を吐くこともありました。

流石にちょっと不味いかもと心配になったAさんは、

早速Bちゃんを動物病院に連れて行きました。

 

診察では色々な所に異常が見られました。

・乳腺にはしこりがある

・お腹に張りを感じ、触診を嫌がる

・体温が高い

・膝の裏のリンパ節が腫れている

これは良くない兆候だという事で血液検査をしてもらった所、

・貧血

・白血球の増加

・体の炎症を表すCRPの増加

・肝臓の数値の上昇

・腎臓の数値の上昇

が見つかりました。

やはり状況が良くないため追加で超音波検査を行った所、

・子宮の液体貯留

・お腹の中のリンパ節の肥大

・腎臓の萎縮

・胆嚢の粘液貯留

が見つかりました。

一応レントゲン検査も行いましたが、特に変わったところはありませんでした。

 

さて、ここで困るのは獣医師です。

「食欲がない、嘔吐がみられる」

これに繋がる病気を探していくわけですが、鑑別疾患の一部だけで

乳腺腫瘍、子宮蓄膿症、胆嚢粘液嚢種、腎不全、異物、

腹腔内腫瘍性疾患、膵炎、熱中症、胃・十二指腸潰瘍など…

余りにも候補が多すぎます。

しかもジャンルが様々で、麻酔下で外科的な治療が必要かもしれないのに、

腎臓や肝臓が悪くて麻酔がかけづらい。

そもそも原因は麻酔が必要じゃない疾患の方かもしれない。

追加検査で一部を消し込んだり、診断を進めることは出来ますが、

時間や費用もかかってしまいますので、現時点である程度決めなければいけない。

こんな難問を抱える事になってしまいました。

 

「Bちゃんの調子が落ちた原因は子宮蓄膿症で、

以前より腎不全と良性の乳腺腫瘍、胆泥症を発症していて、

膵炎やリンパの腫れ、肝数値の上昇は子宮蓄膿症からの続発疾患」

が真実だったとしましょう。

この場合の理想の治療は、

「点滴で全身状態を回復させて、早急に手術を実施。

乳腺腫瘤を同時に摘出し、病理検査へ提出」

となるでしょう。

しかし現場ではまだどれが真の原因なのかがわかりません。

そのため必要性が確定していない全身麻酔を懸念したAさんは、

点滴や抗生剤による内科的な治療を希望しますが、

結果的には外科治療が遅れてしまい、

良くない結果となってしまいました。

 

もし普段から病院に通っていたら

もしBちゃんが普段から病院に通っていたとしたら、どうだったでしょうか?

日頃のチェックで腎不全と良性の乳腺腫瘍、胆泥症がわかっています。

そのため腎臓の状態も全身麻酔が可能な程度に治療が行き届いていますし、

それまでの経過から異物や腫瘍性疾患も可能性が低そうだとわかります。

となると膵炎、肝数値上昇、子宮蓄膿症にターゲットが絞れますので、

「点滴で膵臓や肝臓の治療をしつつ、折をみて全身麻酔で子宮の摘出」

という理想の治療が最初から行えるわけです。

この場合の方が治療成績が良くなるのは言うまでもないでしょう。

 

まとめ

この作り話から伝えたいことは、

1、定期的に病院に通い、病気の早期発見をした方が良い

2、病気が複数個同時に見つかると、治療や診断が一気に難しくなる

3、事前に病気を把握しておくことで、新たな病気が発生しても迷わない

ということです。

 

「いざ病気で困ってから行動」では、

飼い主さんも、本人も、獣医師も皆大変になる可能性があります。

日頃から動物病院に通うという事の重要性が、

今回のたとえ話を通して少しでも伝わったら幸いです。

それではまた。

 

 

-病気について, 耳寄り情報

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.