病気について

台風とペットの病気の関係性~あの病気も悪化する可能性~

投稿日:

近頃は台風や、水害が多くて大変でしたね。

私もこの前の台風に備えて、

生まれて初めてハザードマップを初めて見る事になりました。

さて、そんな台風ですが、

被害が出るのは我々人間だけではありません。

ペットの病気も悪化する可能性があり、

それは直接台風に晒されなくとも起こり得ます。

ということで今日は、

 

台風とペットの病気の関係性~あの病気も悪化する可能性~

 

 

台風の何がマズイのか

日本に台風が近づいてくると、

気温・気圧・降水量と色々な変化を起こしていきますが、

なかでも気圧が要注意だと思っています。

普段は全く意識する事が無いですが、

我々の周りには気圧という圧力がかかっています。

それが変化すれば、体表への力が変わるわけで、

結果として体の中への圧力も変化します。

特に脳圧や、血圧にも影響が出る可能性があり、

それらに影響を受ける病気は要注意です。

 

具体的に問題となる病気とは?

エビデンスを確認したわけではありませんが、

・頭蓋内疾患

(てんかん、水頭症、脳腫瘍、など)

・心臓の病気

(僧帽弁閉鎖不全症、不整脈、肺水腫など)

この辺りの病気は影響が出る可能性があります。

 

特に、てんかんによる発作は台風で悪化する症例が多く、

患者さんにもその旨をお話しする機会が多い病気です。

かかりつけの先生と話して、

・てんかん抑制薬の用量を増やしてもらう

・緊急時の座薬を処方してもらう

・発作時の対応について細かく聞いておく

・夜間の受け入れ先を聞いておく

などの準備をしておきましょう。

 

また心臓の病気についても、台風の前後で悪化する事が多いと感じます。

特に犬では、中程度~重度の僧帽弁閉鎖不全症の患者さんが、

気圧の変化からか肺水腫になって緊急入院というのが

よくあるパターンとなっています。

猫の心疾患に関しては台風の前後で来院が増える印象がないので、

関係性が薄いのかもしれません・・・

猫は肥大型心筋症が多いので、犬ほど肺水腫に直結しにくく、

ガクッと調子が崩れず気付かれにくい、

などという理由があるのかもしれませんね。

 

<肺水腫については病気百科を参照>

肺水腫

 

お腹や尿の調子が崩れる子も…

デリケートな性格の子だと、

台風による風の音や、自宅の揺れにストレスを感じてしまい、

ストレス性の胃腸炎や膀胱炎を引き起こす可能性があります。

また飼い主さんがいつもと違う様子だと、

ペットも不安になってしまいますので、

台風が来ても焦ったりはせずに、

できるだけいつも通りを装ってあげましょう。

あらかじめ本人が安心できる場所を確保しておいたり、

できるだけ一緒に過ごして安心させられるとベストでしょう。

 

 

おわりに

今日は台風と病気の関係性についてお話ししました。

今回話した内容と重複する点も多いですが、

次回は「台風に備える」というテーマでお話ししたいと考えています。

それではまた。

-病気について

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.