病院の探し方 耳寄り情報

今時ホームページすらない動物病院はヤブ獣医かも

投稿日:

みなさん、かかりつけの動物病院はお持ちですか?

YESの方は、その病院のホームページを見たことありますか?

初診時ぐらいしか見ないという方が多そうですが、

病院によってはホームページがない可能性もあります。

個人的経験としては、

その様な病院から来た患者さんの治療に対して、

「うーん・・・」と思う事が多いです。

そこで思ったことが今日のテーマです。

題して、

今時ホームページすらない動物病院はヤブ獣医かも

 

さて、私の思い付きが気のせいなのか、

検討してまいりましょう。

「ホームページが無い=イマイチ病院」

という仮定を裏付ける理由として思い付くものは、

 

1、時代遅れの院長

現在、インターネットは当たり前の技術です。

今、動物病院を運営しているなら、

当然ホームページを開設するべきでしょう。

ということはホームページを開設しないのは、

新しい技術や文化に適応できていない証拠で、

その様な人が獣医療の進歩に適応していると思いますか?

病気の診断をないがしろにして

抗生剤とステロイド頼りの古い治療に頼っている、

そんな事も有り得るかもしれません。

 

2、人気が無いのでお金に余裕がない

ホームページを自分で作れるという獣医は少ないです。

大抵そんな時間を取れないし、プログラミングは専門外です。

なので業者に外注して作ってもらうわけですが、

頼むお金がないのでホームページが無いのかもしれません。

お金がないのは、人気が無くて売り上げが無いのかもしれません。

お金が無ければスタッフや医療機器も不足しているかもしれません。

その様な病院が良い所である可能性は低いのではないでしょうか。

 

3、客のニーズを無視している

実際にホームページを開設していると、

アクセス解析でどのぐらいの人が閲覧しているか知ることが出来ます。

私の勤務する動物病院でも毎月そこそこのアクセスがあるわけで、

病院のホームページへのニーズというものは確実に存在するわけです。

その様に求められている物を提供していない動物病院が、

獣医療においては顧客のニーズを満たしているという事はあるでしょうか?

どちらかというと、顧客無視の自分本位な診療をやっている方が

可能性としては高そうな気がします。

 

4、趣味で病院をやっている

そもそも利益を出すというつもりがないので、

WEBで集客しなくても問題ないという理由で

ホームページを開設してないのかもしれません。

その様な趣味でやっている病院の院長が、

セミナーに出たり、論文を読んだり、学会に出たりで

バリバリ自己研鑽を積んでるイメージは湧きません。

どちらかと言えば自分の時間を大事にして、

ゆったりと過ごしていそうではないでしょうか。

そんな獣医の腕前はどうなんでしょうか。

 

 

おわりに

さて、ホームページを持たない動物病院を散々に言いましたが、

これまでの意見はあくまでも可能性の話であります。

ホームページが無くともちゃんとやっている所もあるはずですし、

穿った見方をし過ぎたような気もしてきました。

ということで、今回のお話は深く考えないでいきましょう。

それではまた。

-病院の探し方, 耳寄り情報

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.