病気について

犬の嘔吐は様子見しても大丈夫?危険な嘔吐とそうではない嘔吐の見分け方

投稿日:

犬が嘔吐をする事は一般的ではありません。

そのため嘔吐が見られる場合には、

体、特に胃や消化管などに何らかの不調が起きていると考えるべきです。

考えられる病気は多岐に渡り、

よく見られるものとしては、

・胃酸過多

・胃腸炎

・膵炎

・異物

・腎不全

・肝不全

などが挙げられます。

軽度の胃腸炎などの一時的な病気であれば様子を見ても大丈夫ですが、

様子を見ても大丈夫かどうかの判断は、

一般の飼い主さんには難しいかもしれません。

そこで今日のテーマは、

 

犬の嘔吐は様子見しても大丈夫?危険な嘔吐とそうではない嘔吐の見分け方

 

様子を見ても大丈夫な嘔吐とは?

様子を見ても大丈夫な犬の嘔吐は、

・一度きりの嘔吐

・朝食前の嘔吐

・吐いた後も食欲や元気に問題が無い嘔吐

こういった条件を満たす、危険性の低そうな嘔吐です。

 

典型例としては、

前日の夕食から当日の朝食までの時間が長すぎて、

お腹が空き過ぎて胃酸が出過ぎ、

気持ち悪くなって嘔吐をする「胃酸過多」があります。

胃酸過多からの嘔吐であれば様子を見ても問題ありません。

(今後の胃酸過多を予防した方が良いというのはありますが)

なお胃酸過多についての詳細は以下をご確認下さい。

胃酸過多

 

様子を見てはいけない嘔吐とは

先ほどとは逆に、様子を見てはいけない嘔吐の特徴は、

・複数回繰り返す嘔吐

・食事時間と関係なくランダムに起こる嘔吐

・嘔吐だけでなく、元気や食欲の低下、下痢などがみられる

・水を飲んでもすぐに吐いてしまう

・血の色や、緑色(胆汁)などおかしな色が混じる嘔吐

こういった危険性の高そうな嘔吐です。

どれも一過性の軽度な嘔吐とは思えませんので、

様子を見ているうちに大事に至る可能性があります。

 

複数回の嘔吐であれば、

胃液と一緒に電解質を失ったり、

胃液で食道が焼けて食道炎になったりと、

様々な2次的被害が広がる可能性があります。

 

元気や食欲がない場合、

腸閉塞や胃捻転でショック状態に陥っていたり、

膵炎でお腹が痛くなっているのかもしれません。

膵炎

 

水を飲んでもすぐに吐くようであれば、

何かが消化管に詰まってしまっていて、

水すら通れない状態の可能性があります。

病気としては異物による腸閉塞や、腸重積などが考えられます。

そのままでいると、腸が壊死して腸の中身が腹腔内に漏れ出し、

腹膜炎で命を落とす可能性もあります。

異物

 

吐物に血が混じる場合には、

胃に出血を伴うような潰瘍や、腫瘍が存在していたり、

血液の凝固不全による出血の遅延が起きているかもしれません。

緑色の場合には十二指腸のから胆汁が逆流して胃まで来ていますので、

胃の出口に問題が存在するかもしれません。

すぐに命に関わらなくとも、早めの対処が必要な原因がありそうです。

 

 

おわりに

今日は嘔吐に関してお話ししました。

最初は様子を見ても良さそうな程度の嘔吐でも、

時間経過とともに容体が怪しくなってくることもあります。

今日話した内容はあくまでも目安でしかないので、

おかしいと思ったら、早めに動物病院に連れて行きましょう。

それではまた。

 

-病気について

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.