耳寄り情報

動物病院の繁忙期・閑散期はいつなのか

更新日:

以前の記事で動物病院が混む時間帯についてお届けしましたが、

じゃあ1年の中ではどこが混むのか?ということで、本日のテーマは

動物病院の繁忙期・閑散期について

です。

 

<繁忙期>

・4月~6月

一年の最繁忙期です。

犬の3大予防(狂犬病予防接種、混合ワクチン接種、フィラリア予防)のうち、2つが大きく関わるため忙しいです。

そこに病気で来る患者さんと、暖かくなってきたので活動性を増した飼い主さんの来院が加わり、一気にごった返します。

・12月末

周辺の病院が閉まっている中で年末営業をしていると、

かかりつけの病院が休みで駆け込んでくる急患さんも来院されます。

あとはクリスマスでチキンを買ったら骨ごと盗み食いしてしまったとか、

ツリーの飾りを食べてしまったとか、人の出入りが激しくてストレスで調子を崩したりとか、

年末のイベント絡みの来院も多くなっています。

また、ホテルやトリミングを行っている病院のみになりますが、

年末年始は海外に旅行に行くためペットホテルに預ける飼い主さんや、

新年をきれいな状態で迎えたいとトリミングに出す飼い主さんが数多く来院されます。

 

<閑散期>

・10月~2月(12月末を除く)

基本的に外気温が下がってくると来院数は減ってくる傾向にあります。

寒いので飼い主さんが外に出たがらない → お手入れなどで病院に行く頻度が下がる

寒いのでペットとの散歩や外出が減る → 家の外でケガをしたり異物を飲んだりする危険が減る

ペットがあまり動かなくても、寒さのせいかと気にならない → 病気が見逃されやすい

理由としてはこのようなところが大きいのかと個人的に考えています。

その中で、イベントなどもない時期が閑散期にあたるといえます。

 

繁忙期・閑散期がわかったところで意味はあるのか

結局病気になったら行かざるを得ないので、気にしても仕方ないのでは?

そう思った方もいらっしゃるかもしれません。

確かに病気になってしまったら繁忙期だろうが何だろうが行くしかありませんが、

特に時期を決めなくてもよいものはできるだけこの閑散期に行ったほうが良いです。

例えばワクチン接種

ほとんどの場合は病院からハガキが届いたら1年に一回うつ、

というサイクルになっていると思いますが、これが4月などの繁忙期に行っていると、

ただワクチンを打ってもらうだけなのに数時間待たされるということになりかねません。

少しずつ早めにうったり、少しずつ遅めにうったりして閑散期にうつようにすれば、

待ち時間が減って飼い主さんも、わんちゃんねこちゃんも大助かりというわけです。

(獣医としても助かります)

他にはペットドックなどの健康診断も閑散期に行うことがおすすめです。

ぜひご検討くださいませ。

 

それではまた。

-耳寄り情報

Copyright© わんにゃんライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.