耳寄り情報

病院に連れていくどうか迷う時

更新日:

飼っているペットが調子を崩してしまった…こんな時に、

病院に連れて行く必要があるのか、様子を見ていいのか、

これが飼い主さんとしては悩むところだと思います。

飼育に慣れている方でしたら経験からある程度判断できるかもしれませんが、

初めての飼育だと、どうしていいか迷ってしまうのも当然だと思います。

 

ちなみに我々獣医師からすると、

「迷っているならとりあえず連れてきて診察を受ける方がよい」

ということは間違いありません。

電話で相談される飼い主さんもよくいらっしゃいますが、

電話口で聞いた情報だけでは判断が難しいこともありますし、

ある症状を見たときに飼い主さんが口にした言葉と、

獣医が頭の中でイメージした現象が一致しないこともあります。

これは誤診や見逃しに繋がる可能性があるので獣医としては望ましくないことですし、

飼い主さんとしてもそのようなことは避けたいはずです。

もし病院に連れて行って何でもなかったならそれはそれで喜ばしいことですし

次に同じような状況があっても「たぶん様子を見て大丈夫だ」と

飼い主さんも安心して判断できるようになりますので。

 

しかし飼い主さんにも病院に連れていける時間がいつもあるわけではない、

ということもわかっています。

仕事に出かける前に調子が悪いのを見つけた場合にどうするか悩むこともあるでしょう。

みなさんが知りたいのはそういった時にどうするかということでしょう。

 

病院に連れていくか迷ったら…

迷った時に取れる選択肢は少ないです。

1、獣医に判断してもらう

2、自分で判断する

3、判断をせずに連れていく

4、判断をせずに様子をみる

この4通りだけです。順にみていきましょう。

 


1、獣医に判断してもらう ⇒ 病院に電話をして相談してみる

かかりつけが診療時間内であれば、電話で症状を伝えて相談してみるのは無難な選択肢です。

ある程度の精度で来院の必要性を判断してくれます。

ちなみに電話をしても「判断しかねるので連れてきてください」となるケースは多いです。

獣医も適当なことは言えないので、無難な選択肢になりがちです。

また、上述したように電話で100%正確な判断をするのは不可能なので、

その点は理解したうえで電話をするべきだと思います。

電話で大丈夫といわれたから様子をみたのに調子が崩れたからといって、

獣医にだけ責任があるわけではありません。

獣医のアドバイスを受けて最終的に判断したのは飼い主さんなのですから。

 


2、自分で判断する

ある程度の経験がある場合や、

症状の良い・悪いがハッキリしている場合はご自身で判断されてもよいと思います。

一番まずいのは様子をみるうちに緊急性のある疾患が悪化してしまうことですので、

様子を見ていて悪化しているように感じたらすぐに病院へかかってください。

 


3、判断をせずに連れていく

やはりこれが一番安心できる選択肢でしょう。

場合によっては大きな病気の早期発見ができるかもしれません。

 


4、判断をせずに様子を見る

お勧めできません。

運が良ければ何事もなく済むかもしれませんが、

命に関わるような大きな病気であった際に、手遅れになるかもしれません。

 

 

色々と書いては来ましたが、結果としていえるのは

病院に連れていくかどうかは、一概にこうだという答えはない

ということですね。

症状や年齢など色々な要素で変わってきますので仕方がない所です。

繰り返しになりますが、できるだけ病院に連れていく方向で考えましょう。

 

それではまた。

-耳寄り情報

Copyright© わんにゃんライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.