耳寄り情報

動物病院のスタッフに好かれるための行動

更新日:

動物病院のスタッフに好かれるメリットについて昨日書きましたので、

今日はじゃあどうすれば好かれるのか(どうすると嫌われてしまうのか)について

具体的に見ていきましょう。

 

スタッフに好かれるための行動

1、挨拶をする

2、スタッフに配慮する

3、指示を守る

4、スタッフを信頼して任せる

5、自分の意見を持ちつつ、他の意見も受け入れる

6、思いつめすぎない

7、変な時間に病院にアクセスしない

8、自身のペットの危険性を理解する

9、プレゼントをする

挙げていくと他にも出てきそうですが、

あまりに多くなってもわかりにくいと思いますのでこのぐらいで止めます。

さて、全体を見ていくとなんとなくイメージがつかめると思いますが、

「1人の大人として成熟しており、他者を理解し、信頼し、配慮できる人」

のような感じが出てきますね。

では個別にみていきましょう。

 

1、挨拶をする

人として当たり前なことになってしまいますが、

スタッフと会ったら挨拶をする

これだけです。

これさえもできない人がいるという事なのですが、

そういう人はまあ好かれるわけがないですよね・・・

極端に捕らえると挨拶をしない=お前には挨拶をする価値がない

という傲慢な考え方の表れと捕らえることもできます。

私も診察室から名前を読んだり挨拶をしているのに無言の人は、

要注意人物の可能性ありとして即警戒を開始しています。

 

2、スタッフに配慮する

例を挙げると、受付でスタッフが他の患者さんと話しているところに

無理やり割り込んで話かけたりしないということなどです。

他には無理な要求をして困らせたりしないということもそうですね。

わがままになるなということでしょうか。

 

3、指示を守る

獣医的には重要ポイントです。

再診の日程になっても来なかったり、指示した薬の飲み方を守らなかったり、

そういう事を繰り返している飼い主さんには、我々も相応の扱いをします。

逆にしっかりと指示を守ってくれる飼い主さんには好感を抱きます。

 

4、スタッフを信頼して任せる

3に近いですが、獣医に対してだけでなく看護師さんに対しても、

色々と信頼して任せてくれる人は好かれます。

例えば、ホテル中の食事の内容やあげる時間はどうしますか?と聞いて、

病院にお任せしますというようなケースでしょうか。

「あなたが選んだものなら間違いないだろうから任せる」

そんな思いが伝われば自然と好印象を受けるものです。

 

5、自分の意見を持ちつつ、他の意見も受け入れる

4とは逆に、全てを自分で決めようとしたりする人もいます。

自分の意見があるのはいいことですが、それに固執されると何も言えなくなります。

我々の意見を聞いた上で、自分の考えで決めるというのが理想であり、

そういう人はしっかりしているなという印象をうけます。

 

6、思いつめすぎない

なんでも深刻に考えすぎ、悲観的になり、心配しすぎる方がいます。

質問の時間も長くなりがちですし、相手をしていてしんどくなります。

家族であるペットが心配なのはわかりますが、

思いつめるのはほどほどにしておきましょう。

 

7、変な時間に病院にアクセスしない

結構大きいのはこれです。

診療時間外に急患でもないのに扉を叩いたり、電話をしてきたり、

時間ギリギリに来院したり、営業時間を過ぎてもお迎えに来なかったり。

そういう行為は病院のスムーズな運営を妨げますし、

スタッフの休憩時間や帰宅時間を圧迫しますので、

スタッフからはものすごく嫌われる行為です。

容体の急変などの場合は遠慮する必要はありませんが、

そうではない場合はできるだけ変な時間のアクセスは避けましょう。

また、どうしてもそうなってしまう場合は早めに連絡を入れましょう。

 

8、自身のペットの攻撃性を理解する

これは全ての患者さんにあてはまるわけではないです。

噛んだり引っ掻いたりするような攻撃性の高いペットを飼っている場合に、

病院に来る前にあらかじめ犬に口輪を着けていたり、

猫を洗濯ネットに入れて連れて来られる方がいます。

そういった自分のペットが病院では危険であるということを理解されていて、

動物病院のスタッフをケガさせないようにしてくれているのだな、

ということがわかる飼い主さんは、スタッフからすると非常に好感度が高いです。

(ちなみに家でも噛んだり引っ掻いたりして手を出せない場合には、

無理をせずそのまま連れてきて大丈夫です。)

 

9、プレゼントをする

直球です。

差し入れをしていただける方は、スタッフ皆が大好きです。

別に差し入れがなくても好かれている方はいらっしゃるので、

あくまでも参考ということで大丈夫です。

 

 

さて、色々とみてきましたが、

実際にできそうなものはありましたでしょうか?

意識しないとできないものもあるかもしれませんし、

あまりに無理してやろうとしてもしんどいと思いますので、

やれる範囲でやってみるぐらいの軽い気持ちでトライしてみてはいかがでしょうか。

そしてスタッフに好かれる飼い主さんをぜひ目指してみましょう。

 

それではまた。

-耳寄り情報

Copyright© わんにゃんライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.