耳寄り情報

獣医と飼い主は対等であるべきだという主張

投稿日:

いきなりですが、私は獣医師と飼い主さんは対等だと考えています。

どちらが上で偉いというわけではなく、ペットの病気を治すという目的を目指し、

獣医は必要な知識の提供や検査による情報把握を行い、

飼い主さんは資金の捻出と日常の投薬などの世話という役割分担をするという事です。

 

飼い主さんが偉いわけではない

先ほど述べた私の考え方と飼い主さんの考え方が違うことは珍しくないです。

ただ、それ自体はしょうがないことかと思います。

人の考え方なんて千差万別ですし、何が正しいかなんてわかりませんし。

それでも、自分の方が偉いという態度をあまりにも取るような飼い主さんには

ハッキリ言って全力を尽くして治療するというモチベーションは沸きません。

 

具体例を挙げますと、

こちらの話も聞ききらない内に自分の考えをとうとうと語り始め、

(しかも語っている内容は獣医の話したい論点からずれていたりする)

自分の考えだけで方針を決めようとする飼い主さん。

じゃあ最初っから獣医と話す必要はないと思うし、

言った通りに黙って従ってやってくれる病院へどうぞとしか思いませんね。

 

他には、検査などの説明を聞いているときに

ポケットに手を突っ込んだまま不遜な態度でいる飼い主さん。

どこのどなたか知りませんが、

一緒に病気を治そうとするパートナーとして我々を見ていません。

検索してでてきた医療情報ページと対面でもしているつもりなのでしょうか。

人としてどうなん?としか思いませんし、やる気も強烈に下がります。

 

獣医の方が偉いわけでもない

では逆に獣医を奉るぐらいに上に置く飼い主さんはどうかと言うと、

それはそれでやりづらいことがあります。

先ほどの例よりは互いに敬意をもって動けるので圧倒的にマシですが、

自分の考えを一切もたずに獣医の判断や考えに一存してくる傾向があるからです。

病気に関しての知識や判断は獣医師の方が優れていることが普通ですが、

治療方針に関してはそれだけで決まるわけではないと思います。

ペットの性格や金銭面など他にも考慮することはあります。

ましてや大事な治療費は飼い主さんが出すのですから、

最終決定は飼い主さんが自分で考えて納得したうえで下すべきです。

我々獣医はアドバイザーです。

結果として獣医の考えた方針になることが多くても、

しっかりと自分でも考えていただきたいなと思っています。

 

結論

お互いに敬意をもって対等な立場話し合い、治療に向かっていきましょう。

 

 

獣医によって考え方は違うかもしれません。

自分のやりたいように治療を進められる方が好みの獣医もいます。

でも私は医者・獣医は患者さんと対等であるべきなんじゃないかと思うんです。

参考にしてみてください。

 

それではまた。

-耳寄り情報

Copyright© わんにゃんライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.