病気について

愛犬・愛猫が癌になってしまったら!? vol.1 ~悪性腫瘍の基礎知識編~

更新日:

今日は悪性腫瘍についてですが、一般的な言葉で言う「癌」の事です。

(いきなり細かい話をすると、医学的には「悪性腫瘍=癌」ではないです)

以後、この記事内ではあえて悪性腫瘍全般に「癌」という言葉を使います。

 

さて本題ですが、人間の医療と同様にペットの長寿化に伴って

癌を発症してしまう患者さんの割合が増えてきました。

実際にそういった場合にどうしたらよいか悩むこともあるかと思いますので、

癌について基本的なことをお話ししたいと思います。

 

そもそも癌って何?

犬や猫、人もそうですが体を維持するために正常な細胞は分裂・増殖を繰り返しています。

増える時は一定のペース、一定の配置で増殖することで器官を作り、機能を維持しています。

しかしそういった細胞の中に時折、勝手に分裂して増え過ぎる細胞が出てくる事があります。

これが癌細胞です。

 

なぜ異常な増殖をするようになるのか?

正常な細胞は増殖をスタート・ストップさせる遺伝子により制御されています。

しかし発癌性物質、生体内の偶然のエラー、紫外線など様々な事をきっかけにして

遺伝子の間違った組み換えが起こることがあります。

この組み換えによって、増殖をスタートさせる機構に異常が起きてしまったり、

増殖をストップさせる機構に異常が生じてしまうと過剰な増殖をするようになります。

 

また体にはこうした異常な挙動を示す癌細胞を取り除く免疫機能が備わっていますが、

まれに異常な細胞が生き残ってしまう事があるのです。

高齢であったり、免疫抑制剤を使用していたりすると免疫機能が低下するため、

より癌細胞の除去が失敗する確率が高まることになります。

 

癌は放置するとどうなるの?

癌細胞は細胞の並びや器官の構造などを無視してひたすらに増殖し続けますので、

発生した組織の正常な細胞を破壊して機能を低下させたり、

破壊に伴う炎症や出血、痛みを引き起こしたりします。

また癌は血液やリンパ液に乗って体の他の部分に辿り着いてしまうことがあり、

そこでも異常な増殖を開始し、組織を蝕んでいきます。

これを「転移」と呼びます。

癌細胞はこうして時間経過とともにどんどん体を侵食していくため、

いずれ生命に関わる臓器不全を引き起こしてしまい、

放置していると最終的には命を落とす事になってしまいます。

 

癌を見つける(診断する)ためには?

癌細胞は異常な増殖を続けますので、正常な組織の輪郭は崩れてきます。

なのでそういった変化を見つけることになります。

平坦なはずの皮膚にしこりができて、盛り上がってくるのが分かりやすい例でしょう。

体表にあるものであれば肉眼で見たり、体を触ったりするときに気づきますが、

体の中にできた癌は普通の方法では気づくことができません。

そういった場合にはレントゲン検査や超音波検査で変な影として見えることがあります。

(正常な細胞と比べると、変な増え方をしていて正常な構造を取っていないのが理由)

もちろん全てのしこりや変な影が癌というわけではないので、

見つかったそれらが癌かどうかを区別するためには検査をして調べる必要があります。

その方法は2通りあります。

1、細胞診検査

・・・怪しい領域に針を刺して細胞を回収し、顕微鏡で見ることで癌細胞かどうかを調べる

2、病理検査

・・・怪しい領域を切り取ってホルマリン漬けにし、

薄くスライスしたものを顕微鏡で見ることで癌かどうかを調べる

それぞれ特徴がありますので、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

<1、細胞診検査>

長所:体に負担の少ない検査法で、簡単に行える

短所:診断がつかないケースがある

針を刺すだけですので、その場ですぐに行えます。

結果もその場でわかりますので、最初の検査としては非常に有効です。

しかし針が刺さっている場所の細胞しか取れないために、

本当は癌なのに正常な細胞しか取れずに診断し損ねる可能性もあります。

また、取れた細胞だけでは診断がつかなかったり、

細胞がほとんど取れずに診断がつかないということもあります。

 

<2、病理検査>

長所:確定診断がつく、組織の構造が維持できているかわかる、周辺への癌細胞の浸潤度合いがわかる

短所:体への負担が大きい、全身麻酔が必要なことが多い、結果がわかるまで時間がかかる

先ほどの細胞診検査とは逆の特徴があります。

組織を切って取り出す必要があるので体への侵襲が大きく、

それ故に全身麻酔を必要とするケースが多いです。

またホルマリンに漬けた塊から顕微鏡で見れるサンプルを作り出すまでも時間がかかり、

相応に習熟した専門医でないと診断がつけられません。

実行から結果までが大変な分、確実に診断が下りる検査法となっています。

通常は、

<細胞診検査>

↓  診断がつかなければ・・・

<病理検査>

という手順を踏むことが多いです。

これらの検査をすることで、見つけたものが癌かどうかを調べています。

 

まとめ

・癌は異常な増殖を示す細胞群で、放置した場合には正常な組織を蝕み命を落とす。

・それらを見つけるためには見たり触ったりするだけでなく、

 レントゲンや超音波検査が必要なこともある。

・見つけたものを細胞診検査や病理検査で、癌かどうかの診断をつける。

 

 

ここまでで長くなりましたので、

癌の治療については次の記事で紹介したいと思います。

愛犬・愛猫がガンになってしまったら!? vol.2 ~抗癌剤などの治療法について~

それではまた。

-病気について

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.