アジソン病


危険度

高い

治療の遅れが生命にかかわることがある

 


発生頻度

犬:少ない

猫:非常に稀

 


分類

内分泌疾患

 


症状

痩せている、ストレスに弱い、毛づやが悪い、食欲がない、体温が低い、ぐったりしている、など

 


詳細

アジソン病とは、副腎という臓器で作られているホルモンが異常に不足している病気のことをさす。副腎ホルモンが減少する原因は、免疫学的異常による副腎の破壊と言われている。なお一度破壊された副腎の機能が戻ることは期待できないため、一生涯にわたっての治療が必要になる。副腎で作られるホルモンはミネラルコルチコイドとグルココルチコイドの2種類あり、両方が不足する場合とグルココルチコイドだけが不足する場合の2パターンが存在する。前者は定型アジソン病、後者は非定型アジソン病と呼ばれ、症状や治療に用いる薬はそれぞれの場合で異なる。そのため両者の判別が重要であるが、幸いにして判別自体は容易である。

普段の生活で病気と思うような症状が出にくいため、病気が気づかずに放置されていることも多い。アジソン病による健康状態の低下が他の病気を引き起こしてしまい、そちらの診察を進める段階でアジソン病が見つかるということもある。しかし最も多いのはアジソン病の進行により電解質異常や低血糖によるショック状態が引き起こされ、救急状態で搬入されるケースである。この場合は早急な対応が出来なければ命に関わることもある。

 


診断

血液検査による電解質の異常、超音波検査による副腎サイズ、ACTH刺激試験によるコルチゾール値をもとに診断する。これらの検査に関する注意点としては、

・電解質の異常は必ずしも起きるわけではないということ(定型アジソン病の場合のみ)

・副腎のサイズは通常よりもかなり小さいので、機械の精度や実施者のスキルの問題で見つけられない場合があること

・ACTH刺激試験はエラーの起こりやすい検査であること

が挙げられる。

 

なお、診断後も定期的にACTH刺激試験を行って、コルチゾールの値を測定する必要がある。

 


治療

不足しているグルココルチコイド(定型の場合は、+ミネラルコルチコイド)を補充することが治療となる。急性期やショック状態などでは直接静脈にステロイドを投与することで補充を行い、落ち着いたところで内服薬に切り替えていくことになる。運よく早期発見ができた場合には内服治療からスタートできるが、まだ機能の残った副腎の破壊を止めるために免疫抑制治療を行うかどうかについては、現時点で明確な指針はないと思われる。

内服治療においてよくある問題は治療薬の値段が高く、かつ投薬を中止できないことである。一般的にフロリネフと呼ばれる薬が処方されることが多いが、薬価が非常に高い。場合により他のステロイド剤で治療が可能な事もあるので、治療費の問題がある場合は主治医に相談してみるのがよいだろう。薬の効き具合は個人差があるために、定期的にACTH刺激試験等を行い、状態を把握することも必要である。

 


予後

適切にコントロールできていれば良好

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.