アレルギー性皮膚炎


危険度

低い

 


発生頻度

犬:多い

猫:普通

 


分類

皮膚疾患

 


症状

皮膚が痒い、皮膚が赤い、体を擦り付ける、体を掻く

 


詳細

アレルギーとは、特定の物質に接触や摂取を行った場合の異常な免疫反応の事である。この免疫反応の結果、皮膚に痒みや炎症を引き起こすものをアレルギー性皮膚炎と呼ぶ。アレルギーは体質であるため特定の治療を行えば治るわけではなく、一度発症したものは生涯に渡って続くため、常に対応が必要となってくる。原因物質に暴露されていても途中までは無症状で経過し、突然発症して症状が出始める事も特徴である。

アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)には様々なものが存在するが、大きく分けると環境抗原と食事抗原に分類される。犬や猫におけるアレルギー性皮膚炎では食事に関連するアレルギーが多く、食事管理が重要になることがほとんどである。とはいえアレルギー体質のペットは単一抗原に対してのみアレルギーを持つことは少なく、様々な抗原に対してアレルギーを呈するのが常であり、特定の食物だけを避けるだけではアレルギーのコントロールは難しい場合が多い。そのためフードの種類については獣医師は処方食を推奨することがほとんどであるが、これには市販されているアレルギー用フードは信頼性に欠ける、自作フードでは栄養バランスが悪くなりやすいという理由が大きい。

皮膚アレルギー用の処方食には大きく3種類に分けることができ、その内訳は以下の通りである。

1、新奇タンパク質

普通の生活では食べることのない肉(タンパク質)を使用することでアレルギーの発症確率を下げる方針のフード。

2、加水分解タンパク質

タンパク質を加水分解することで、体にアレルゲンとして認識されにくいようにしたフード。

3、低分子タンパク質

体が抗原として認識しないようにするために、タンパク質の大きさを徹底的に小さくしたフード。

 


診断

理想の診断方法は「除去食試験・再暴露試験を行い、皮膚に痒みなどのアレルギーを起こす抗原の特定をすること」であるが、実際に行うことは少ない。除去食試験が手間や時間がかかる事と、再暴露による痒みの再発が嫌悪されるというのが理由である。そのため、臨床症状と治療に対する反応性、場合によってはアレルギー検査の結果を合わせて診断を進めることが一般的である。

アレルギー検査では検査会社によって調べられる抗原の一覧が異なるとともに、検査の詳細や制度が異なる。所説あるが、アレルギー検査全般として精度が不十分だと言われており、どの様な結果でも参考程度に考えておいた方がよいと思われる。

 


治療

食事性のアレルギーの場合には、適切なフードを与えることが治療になる。症状が治まるフードが見つからない場合や、食事性ではないと思われる場合には薬剤によるコントロールを目指していく。使用する薬剤は抗ヒスタミン薬やステロイドなどであるが、抗ヒスタミン薬は効果が弱く、ステロイドは長期投与による副作用のリスクがあるなど、薬剤によって長所短所が存在している。そのため症状を見ながら随時内容を調整していくことになる。

皮膚の掻き壊しや舐め壊しがひどい場合には、皮膚を守るためにエリザベスカラーや洋服を着せることもある。洋服は皮膚の状態によっては逆効果となることもあるので、獣医の指示に従って着用することが推奨される。

 


予後

適切に管理されていれば良好

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.