会陰ヘルニア


危険度

普通

長期に渡って放置すると、命に関わることもある

 


発生頻度

犬:普通

猫:稀

 


分類

消化器疾患

 


症状

お尻が腫れている、便の回数が少ない、排便に時間がかかる、無症状の場合も。

 


詳細

「ヘルニア」とは本来穴が存在しないはずの場所に穴が発生する事を意味しており、従って「会陰ヘルニア」は会陰部に異常な穴が生じている病気である(実際は会陰部というよりも肛門の両脇付近)。穴が出来る理由はお尻まわりの筋肉量の低下であり、これによって本来は複数の筋肉で占められている空間に隙間が発生することでヘルニア孔となる。この穴からは腹腔内の結腸が脱出することがあり、それによって便の通過ルートが蛇行した結果、排便に異常をきたす症例が多い。また脱出した結腸は憩室を作り巨大結腸となる事もあり、ひどい場合には菲薄化した部分が穿孔し糞便が周囲に漏れ出てしまう。そうなってしまった場合には緊急を要する状況であり、早急に治療を行わないと死に至る可能性がある。発症初期の場合には無症状な事が普通であり、通常はかなり病気が進行してからでないと気付かれない事が多い。

会陰ヘルニアは性ホルモン関連性で未去勢のオス犬に起きやすい病気である。ヘルニア孔が片側で済んでいる場合には去勢手術を行い、逆側の発生を抑える方が良いと思われる。

 


診断

触診、直腸検査、レントゲン検査を行ってヘルニア孔の存在確認と結腸の走行の確認を行う事で診断する。結腸の損傷や憩室が疑われる場合にはバリウム等を使用した造影レントゲン検査を行う事もある。

 


治療

全身麻酔下で外科手術を行い、ヘルニア孔を閉鎖することが治療となる。閉鎖方法としては医療用メッシュを使用する方法と、周辺の筋肉を縫い合わせる方法とがあり、術者の好みによって選択されていると思われる。片側発症の場合には逆側の予防的治療を行う事が推奨されるが、実際に行うかどうかは飼い主と執刀医の判断に任される。手術の難易度としてはそこまで高くは無いが術後に再発することがあるため、その点についてはしっかりと理解しておくべきである。結腸の走行に異常がある場合や、結腸に憩室・損傷が存在する場合には開腹して結腸を固定する手技や憩室の整形を施す事がある。

去勢されていないオスの事が多いので、上記の手術と同時に去勢手術を実施することが一般的である。しかし去勢手術はヘルニア孔の整復に必須ではないため、交配予定など去勢を避けたい理由がある場合には主治医に相談可能である。

なお軽度の会陰ヘルニアであれば症状を伴わないため、経過を見ることが可能である。その場合も進行予防のための去勢手術と経過のチェックは行った方が良い。

 


予後

再発の可能性があるが、基本的に予後は良い

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.