胃拡張


危険度

中程度

 


発生頻度

犬:普通

猫:稀

 


分類

消化器疾患

 


症状

元気低下、お腹が張っている、嘔吐、食欲低下、息が荒い

 


詳細

胃の中にガスが大量に貯留し、排出できない状態である。ガスが溜まる原因は腐敗した食べ物を食べてしまったり、呼吸器疾患による過呼吸だったり、原因不明だったりと様々である。緊急疾患である胃捻転との鑑別が必要になるが、胃捻転とは異なり胃軸は回転していない。日本の飼育犬の中ではダックスフントに起きやすい傾向がある。胃の拡張が続くと血行不良により臓器が壊死してしまったり、血液中のガスのバランスが崩れるなどして重篤化することもあり、油断はできない疾患である。

予防としては胃捻転と同様に食事後に運動を行わないことや、傷んだ可能性のある食べ物をあげないことがあげられる。また色々なものを口にしてしまう性格の場合は、加えたものを離すようにコマンドを躾けておくことや、手の届かないところに物を収納するようにすること、本人の活動スペースをサークル等で制限することなどがあげられる。

 


診断

レントゲン検査によって胃の拡張とガスの貯留を確認することで診断する。

それ以外に問診の内容が重要になるため、直前に何か口にしていなかったかどうか、拾い食いをする癖がないかなどを主治医に伝えた方が良い。

レントゲン検査だけでは胃捻転との判別が難しい場合は、少量のバリウムを投与して追加のレントゲン撮影を行い、捻転の有無を確認することもある。

 


治療

太めの針を体表から胃に刺して中のガスを抜く処置を行うが、胃の中に大量の食渣がのこっている場合には食渣によってガスの抜去が困難なこともある。

全身麻酔をかけて内視鏡を口から挿入することによって胃のガスを抜いたり、胃洗浄を行ったり、胃の中の腐敗物を回収することもある。

ガスの貯留が少ない場合や、食べ物によるガスと判別している場合には自然と排出されるのを待つこともある。

 


予後

胃の中のガスが抜けてしまえば緊急性は低くなる。ただし発泡性の異物を飲んでいるケースなどは原因を除去しないと再度ガスが溜まる可能性があるため、原因によりけりである。

また、胃に対する穿刺処置や腐敗物による胃・十二指腸へのダメージ、内視鏡の挿入、全身麻酔の使用等によって胃腸の運動性が低下したり下痢・嘔吐を呈することがあるため、発症してからしばらくは注意が必要である。

発症後に落ち着いた状態が維持できていれば予後は良好だが、再発には注意する必要がある。

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

更新日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.