FIP(猫伝染性腹膜炎ウイルス)


危険度

高い

ほとんどの個体が死亡してしまう病気である

 


発生頻度

犬:なし

猫:一般的にみられる

 


分類

ウイルス疾患(正確には感染症ではないが、感染症に分類されることがある)

 


症状

元気・食欲の低下、嘔吐、下痢、虚脱、胸水の貯留、腹水の貯留、黄疸、視覚喪失、ふらつき等の神経症状

体のどこに病変が現れるかによって症状は様々に異なっており、症状の進行スピードも含めて個体差が大きい。

 


詳細

主に消化器系の症状を引き起こす腸コロナウイルスに感染していることが前提条件である。この腸コロナウイルスは本来消化管でしか増殖を起こさないが猫の体内で突然変異を起こすことがあり、それによってFIPウイルス(これもコロナウイルスである)となる。FIPウイルスは免疫細胞に感染することができるようになり、感染した猫の全身を移動可能になる。これに対して体は免疫によって対抗しようとするが上手く機能せず、結果として過剰な免疫反応が起こることで症状を引き起こすと考えられている。この過剰な免疫反応の出方には2つのタイプがあり、水が胸部や腹部に溜まるウェットタイプと、肉芽腫ができるドライタイプの2種類が存在する。

FIPは非常に致死率の高い疾患であり、現在の獣医療では治療法がない。ごく稀に生き延びる個体もいるが、ほとんどの場合は発症から数か月としないうちに死亡してしまう。発症は若齢から高齢まで様々な年齢で起こる。

名前に「伝染性」とついているため他の個体への感染が警戒されるが、感染して広がっていく病気というよりは体内で変異して発症する病気のため、実際の感染力としてはほとんどないと考えてよい。ただしFIPウイルスの発生元になる腸コロナウイルスは感染性のウイルス疾患であることと、香港ではFIPが伝染したとの報告もあるため、多頭飼いの場合には感染患者の隔離が推奨される。

 


診断

問診、血液検査、レントゲン検査、超音波検査、外注検査、細胞診検査などを総合して診断する。

確定診断における最優先基準は病理検査における組織中コロナウイルスの確認であるが、死亡時の剖検以外でこれを行うことは難しく非現実的である。血液検査でコロナウイルスの抗体価を測定することも多いが、前述したように腸コロナウイルスとFIPウイルスは同じ「コロナウイルス」のグループに属しており、血液中のコロナウイルス抗体価で区別することはできない。そのため胸水や腹水中からコロナウイルスが検出されるなどのわかりやすい場合を除くと、確定診断をつけることが難しいケースが多い。

 


治療

海外にてFIPに対する治療薬が開発されているがまだ実践できる段階まで至っておらず、現時点では治療法がない。

ステロイドの投与を行いながら、対症療法を行うことが一般的である。

「インターフェロンの投与はFIPを治療する効果がない」と論文で発表されているが、FIPにより体調が悪化した際に他のウイルス疾患がさらに追い打ちをかける可能性があり、それらの予防・治療に対して効果を期待して投与することもある。

 


予後

非常に悪い

ウェットタイプの場合には、胸水・腹水が溜まり始めてから短期間のうちに亡くなってしまうことが多い。

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

更新日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.