炎症性腸炎(IBD)


危険度

普通

 


発生頻度

犬:多い

猫:稀

 


分類

消化器疾患

 


症状

下痢、嘔吐、血便、食欲不振、場合により腹水貯留

 


詳細

様々な理由で小腸や大腸に炎症が起きることがあり、例えば寄生虫や異物などのように炎症の原因が具体的に特定できないものがIBDとして分類される。IBDでは多くの場合に免疫異常が関係しており、特発性免疫性腸炎と呼ぶこともある。IBDには特徴的な症状がなく軽度の消化器疾患と見分けがつきにくいために、気づかれずに放置されたり治療が上手くいっていない事が多い。そしてIBDは一時的な疾患ではなく、体質により継続する疾患であるため、診断後は生涯に渡って付き合っていく必要がある。

 


診断

IBD診断への道のりは遠く、時間も費用もそれなりに必要なことを念頭に置いておく必要がある。

IBDの診断は除外診断であり、鑑別疾患としての異物、膵炎、寄生虫、腫瘍、SIBO、アレルギー性腸炎などを除外することがまず必要となる。そのため血液検査、レントゲン検査、超音波検査、便検査を行うことで、下痢などの症状の原因が他の疾患から発生していないかを調べる。膵炎や下痢パネルなどの外注検査を併用することも多い。そしてこれらの検査で異常が見つからなかった場合には、次に食事管理や抗生剤の投与を行う事で症状が改善するかを観察し、食事反応性腸炎や抗生剤反応性腸炎を除外する。これまでの検査で診断がつかなかった場合には、内視鏡検査を行うことになる。内視鏡検査ではリンパ管の拡張症や粘膜のびらんなど、見た目の肉眼上での変化を伴う事があるが、見た目でIBDの診断をすることはできない。そのため内視鏡下で採材した腸の組織を病理検査に提出し、最終的には病理検査にて診断が下される。

 


治療

上述したようにIBDは免疫が関与している事が多く、免疫抑制剤の投与により症状をコントロールすることが一般的である。免疫抑制剤としてはステロイドとシクロスポリンの併用が選択されることが多く、ステロイドの漸減を行っていき最終的にシクロスポリン単体で管理できるのが理想である。とはいえステロイドを使用しなければ症状が落ち着かない場合や、これら以外の免疫抑制剤を使用しなければコントロール不良になる場合も存在しており、個々に応じた投薬管理が必要である。なおステロイド以外の免疫抑制剤は比較的高価な薬になるので、診断後も治療費がかさみやすい。

食事管理も大事な要素であり、低脂肪食や高食物繊維食、低アレルゲン食などが選択される。

通常は通院による治療を行うが、リンパ管拡張症による低アルブミン血症や、慢性下痢による全身状態の低下などが見られる場合には入院治療が選択されることもある。

 


予後

治療後は良い事が多いが、コントロールが難しい場合がある。

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.