肺水腫


危険度

高い

致命的な病気である

 


発生頻度

犬:多い

猫:稀

 


分類

呼吸器疾患

 


症状

呼吸が荒い、変な呼吸の音がする、息が苦しそう、など

 


詳細

陸上の生物は肺で呼吸を行う事で酸素を血中に取り込んでいるが、肺の炎症や心臓の疾患などで肺に水が貯まってしまったものを肺水腫と呼ぶ。陸上にいながら溺れている状態に近いため、患者は酸欠となり一気に状態が悪化し、早急に対処が行われない限り死に至る。また早期の治療が行われても致死率が高いため、非常に危険である。僧帽弁閉鎖不全症の末期など、肺水腫に罹るリスクの高い患者は常に警戒が必要であり、呼吸の変化が見られたらすぐに肺水腫を疑い病院に行くべきである。

犬で肺水腫の原因として最も多いものは僧帽弁閉鎖不全症に伴う左心不全であり、気圧の変化が激しい時やストレスが掛かった時などに発症リスクが増加する。

 


診断

問診、胸部の聴診、レントゲン検査、胸腔内の超音波検査を合わせて診断を行う。肺水腫では呼吸不全から多臓器不全を引き起こす事も多く、全身状態の確認のために血液検査を行う事も珍しくない。肺水腫が発見された時点では状態が悪過ぎて検査を十分に行えない事もあり、その場合には簡易の検査による仮診断から治療が開始される事になる。

問診:既往歴の確認や、呼吸の悪化に関する情報の確認

胸部の聴診:呼吸音、肺音、心雑音の有無の確認

レントゲン検査:肺野と心臓の大きさの確認

超音波検査:肺の炎症状況、僧帽弁閉鎖不全症等の確認

 


治療

内科治療のみ存在する。治療の柱となるのは酸素吸入(ICU)と利尿剤であり、それと並行して原因となった疾患の治療が行われる。

酸素吸入:肺水腫の患者では肺の換気能力が低下しており、大気中の酸素濃度では必要な血中酸素濃度を満たす事が出来ない。そのため、酸素を多く含む気体を肺に届ける必要性があり、通常はICUや酸素室によってそれが行われる。エマージェンシーに陥ってしまった場合には、気管挿管した上で100%の純酸素が送られる。状態が安定した場合には、吸入気体中の酸素濃度を少しずつ下げていき、大気中の酸素濃度での生活に備えていく。

利尿剤:肺から直接水を抜くことは難しいため、体を意図的に脱水状態にすることで、肺からの吸水力を高める。そのために使用されるのが利尿剤である。強力な利尿剤は腎臓に負担が掛かるため、腎臓の悪い症例では量の調整が難しくなる。

原疾患の治療:何もない状態から突然肺水腫を患うという事は考えにくいため、原因となった疾患が存在するはずである。原因自体の治療が行われなければ肺水腫も改善が見込みにくいため、原疾患の治療は必須である。多くの場合の原因が僧帽弁閉鎖不全症にあたるため、肺水腫の治療として必要な利尿剤が原疾患の治療にもなる。もしも服用されてない場合には血管拡張剤や強心剤も投与される事になる。

 


予後

非常に悪い

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.