白内障


危険度

命に関わることはないが、進行性なので早期の発見・治療が重要になる

 


発生頻度

犬:多い

猫:やや少ない

 


分類

眼科疾患

 


症状

眼が白い、目が見えていない、物にぶつかる、怖がって動かない

 


詳細

眼の中の水晶体が白く濁る病気が白内障である。人間の白内障のイメージから、犬や猫の白内障も年を取ると出てくるもの思われがちであるが、実際には若齢で発症することも多い。若齢発症の白内障は進行も早いものが多く、早期に治療を行っていくことが推奨される。白内障は他の病気から続発しているケースもあるため、人間のように手術をすれば解決するという病気でもない。

白内障は進行度合いに応じて、初発、未熟、成熟、過熟と4つのステージが定められており、成熟以上のステージでは水晶体全体が真っ白になるために光が通過することができず、視覚を喪失してしまう(例外として過熟白内障の末期では白濁した水晶体が融解、沈降していき透明になったように見えることがある)。

犬や猫では視覚を喪失しても嗅覚や触覚や記憶などで補完がされるため、生活の質が下がりにくい。そのため白内障が発症し視覚を喪失していても気にせず生活をしているペットや飼い主は多い。しかし白内障は緑内障や網膜変性症やぶどう膜炎を引き起こす可能性があり、それらは痛みを引き起こすことで生活の質を下げる可能性があるため、今困っていなかったとしても白内障の治療は積極的に行った方が良い。

 


診断

白内障の診断は水晶体の白濁を観察することにより行われる。進行した白内障であれば、肉眼でみるだけで診断を付けることも容易である。しかし初期の白内障や目の奥側の小さな白内障などは見つけづらく、散瞳処置を施した上でスリットランプを用いた眼科検査を行っていなければ見落とされることもあり得る。

白内障は糖尿病、外傷、ぶどう膜炎、網膜萎縮など、他の疾患から続発していることがあるため、それらの原疾患を見落とさないための検査が重要である。そのため肉眼で白内障を見つけて診断がついた場合でも、血液検査や眼科検査を行うことが推奨される。

白内障の診断には必要はないが、手術による治療を考えている場合にはERG(網膜電位検査)を行うことも多い。これを行っていない場合、手術をして白内障が治ったにもかかわらず、実は網膜が機能しておらず目が見えるようにならなかったという悲劇が起こりうるためである。

 


治療

治療は内科療法と外科治療の2通りが存在する。

内科治療では、点眼やサプリメントの投与によって現時点よりも白内障が進行するのを出来るだけ抑える事が目標になる。既に眼に存在する白濁が取れる治療ではなく、更に治療をしていても少しずつ白内障は進んでくるためいずれ外科的な治療が必要になる可能性がある。ある程度進行してしまった白内障については進行を抑えるよりも、白内障から他の眼科疾患を続発することを抑える事が主目的になる。

外科治療では白濁した水晶体を人工レンズに入れ替える手術を行う。全身麻酔と専用の機材が必要になるため実施できる病院は限られるが、手術を行うことで水晶体は透明性を取り戻し、視覚を回復させることができる。ただし視覚喪失の原因が白内障だけではなく網膜や視神経の異常も含まれていた場合には、当然白内障の手術をしても視覚を回復することができないため注意が必要である。また、費用も片目で30万、両目で50万程度は掛かると思われるので、負担が大きい。白内障手術後に網膜剥離や緑内障を併発することも多いため術後も油断はできず、しっかりと点眼治療を続ける必要がある。

 


予後

手術後の合併症を乗り越えられれば、目の予後は良好である。

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.