外耳炎


危険度

やや低い

 


発生頻度

犬:多い

猫:普通

 


分類

皮膚疾患

 


症状

耳を痒がる、耳が赤い、耳が臭い、耳に黒や黄色の垢が貯まっている

 


詳細

耳の構造は、いわゆる耳である耳介、外から見える耳の穴の外耳道、音を受け取る鼓膜、鼓膜よりも奥側の中耳・内耳から出来ている。このうち外耳道に炎症が起きたものを外耳炎と呼ぶ。炎症が起きる原因は様々であり、垂れ耳で通気性が悪い場合、爪で引っかいた跡やケンカ傷などの外傷から感染を起こす場合、耳道内の分泌物の量が多い場合、耳ダニが寄生している場合、耳道にポリープが出来ていて通気性が低下した場合、クッシング症候群などのホルモン疾患で感染に対する抵抗力が低下している場合、外耳に毛が生える犬種で通気性が悪い場合などが例として挙げられる。特に家に来たばかりで耳ダニが寄生している場合には購入したブリーダーやペットショップ内で耳ダニが蔓延している可能性が高く、衛生観念や飼育状況に問題を抱えていると予想されるため、以降の利用は控えたほうが良い。

外耳炎は起きてから時間が経過すると以下の悪影響が懸念されるため、見つけ次第早めに治療を行うほうが良い。

・炎症により耳道が腫れて通気性が低下し、より外耳炎が悪化する悪循環に陥る

・鼓膜に炎症が波及して破れてしまい、耳が聞こえなくなる可能性がある

・中耳炎や内耳炎へと被害が拡大して斜頸や神経症状などの重篤な症状を発症する可能性がある

 


診断

耳の視診により行う。

耳垢の色が黄緑色の場合には細菌感染が、黒色の場合にはマラセチア(カビ)の感染が疑われる。

外耳炎の原因自体は視診ではわからない事もあるため、直りが悪い場合には耳垢検査やホルモン検査などを追加して行っていく。

 


治療

ほとんどの場合には耳道の感染と大量の耳垢の分泌が見られるため、耳掃除に加えて抗生剤や抗真菌剤、消炎剤などを用いた感染のコントロールを行うことになる。また耳ダニが感染している場合には、上記の治療に加えてダニの治療も必要となる。外耳炎の程度にも依るが、通常の外耳炎であれば2週間程度の治療を必要とする。

一度外耳炎を起こした症例では耳にトラブルが起きる何らかの原因を抱えていることが多く、外耳炎を再発してしまう事が予想される。そのため定期的に耳掃除や状態のチェックを行っていくことが重要である。そして外耳炎を繰り返す場合や治りが悪い場合には背景に基礎疾患が控えている可能性があり、ホルモン検査やアレルギー検査などを行ったほうが良い。抗生剤に対して抵抗性を示す耐性菌の存在が疑われる場合には、細菌培養・薬剤感受性試験を行って細菌の種類の同定と有効な抗生剤の調査が必要となる。

内科的な治療で完治が見込めない場合には、耳の穴を切り開いて通気性を良くする「外耳道切開術」という術式の手術が行われることもある。

 


予後

個々の症例によって大きく異なる

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.