結膜炎


危険度

低い

 


発生頻度

犬:普通

猫:多い

 


分類

眼科疾患

 


症状

眼が赤い、眼が充血している、目をショボショボさせている、目が痛そう、涙が多い、目がブヨブヨしている、など

 


詳細

瞼の裏側から眼球の表面まで繋がっている膜が結膜である。この結膜に寄生虫、細菌感染、ウイルス感染、外傷など様々な要因で炎症が起きたものが結膜炎である。結膜に炎症が起きた場合には血管の拡張が起こり目が充血することになり、痛みや流涙を伴う事が多い。特に猫ではウイルス性の結膜炎が多いが、原因となるウイルスを体から完全に排除する事が困難なため、一旦治療により治ったとしても再発するケースがしばしばみられる。また結膜の浮腫が重度に起こった場合には、眼球の状態を正確に観察できず、結膜炎の治療を行わないと眼球の疾患を調べられない場合がある。

 


診断

結膜炎の診断自体は目を視診するだけで可能であり、異物の混入や眼虫の寄生であれば視診でも発見可能である。他の原因を調査するた場合には別途検査が必要になる。

・シルマー試験

涙の分泌量と貯留量を測定する試験であり、涙の不足による乾性の結膜炎かどうかを調べることが出来る

・フローレス試験

まばたきの後に涙の膜がどれだけ残存できるかを調べる試験であり、涙液保持機能低下による結膜炎かどうかを調べることができる。角膜に傷があるかどうかを調べることも可能である。

・角膜スワブ試験

角膜のぬぐい液を顕微鏡で観察する試験であり、細菌感染による結膜炎かどうかを調べることが出来る。

・スリットランプ試験

眼球表面や眼瞼を拡大鏡で観察する試験であり、結膜炎の場合にはマイボーム腺の分泌不全による結膜炎の有無を調べることができる。また拡大して観察することによって充血が結膜と強膜のどちらに起きているのかを区別することも出来る。

 


治療

治療の原則は炎症が起きた原因を突き止めて、それを治すということである。外傷を除く原因では外科的な治療を必要とするケースは稀であり、ほとんどの場合には内科的な治療を行い経過を診ていく事になる。よく使われる治療薬としては、抗生剤の目薬、消炎剤の目薬、ステロイドの目薬、インターフェロン入りの目薬、乾性角結膜炎用の眼軟膏である。

犬の場合には感染性の結膜炎が少ないため、検査を行い各原因に応じた治療を行う。猫の場合にはウイルス性の結膜炎が多く直接の原因確定が難しいため、検査を行うよりも目薬を用いた内科治療を進めていくことが多い。

 


予後

良好。ただし猫は再発する例が多い。

 

 

<関連疾患>

緑内障

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.