甲状腺機能低下症


危険度

直接的に命にかかわることは少ないが、

無治療で長期間にわたると他の疾患を引き起こす可能性がある

 


発生頻度

犬:多い

猫:非常に稀

 


分類

内分泌疾患

 


症状

活動性の低下(無気力)、寒さに弱くなる、傷の直りが遅い、

皮膚の脆弱化や脱毛、肥満傾向、高脂血症、貧血など

 


詳細

首の辺りにある甲状腺という臓器で作られるホルモンの分泌不全症である。

甲状腺ホルモンは代謝を促進するために必要なホルモンであり、

これが不足することで全身の代謝が低下しさまざまな症状を出すようになる。

自分の免疫系が自身を攻撃してしまう自己免疫疾患により

甲状腺が炎症を起こすことで発症するといわれている。

高齢の犬に良く診られるが、症状が加齢によるものと思われやすいために

飼い主が気づかれないままであることも多い疾患である。

一度発症してしまうと機能の回復は望めないため、

生涯にわたって不足した甲状腺ホルモンを経口摂取にて補っていく必要がある。

 

予防することが難しい疾患ではあるが、遺伝する可能性が示されているので

家系に発症した子がいないかどうかブリーダーに問い合わせをすることで

発症の可能性をある程度予測することは可能かもしれない。

また、発症した犬は基本的に繁殖に用いない方が良い。

 

猫の場合、甲状腺の過剰症に対する治療として甲状腺の切除を行った結果、

医原性の甲状腺機能低下症になることがある。

この場合にも機能の回復は望めず、犬と同様に甲状腺ホルモンの薬を飲み続けることとなる。

 

高齢な犬で全身麻酔による外科的な手術を行う前に

甲状腺ホルモンの量を測ることを推奨している病院もある。

 


診断

血液検査(特に甲状腺ホルモンの血中濃度)をもとに診断される。

外注検査のことが多いが、最新の機械を導入している場合は院内にて即時測定が可能である。

超音波検査にて甲状腺の萎縮を確認することもある。

 

診断後も1か月~1年ごとに甲状腺ホルモンの数値を図っていくことになるが、

その検査間隔は前回の検査結果や本人の臨床症状、飼い主の希望などを加味して決めることとなる。

 


治療

甲状腺ホルモン補充薬を内服することによる

必要な薬容量は個体差があり、

効き過ぎたり効かな過ぎたりしないか定期的に血中の甲状腺ホルモン濃度を測り、

随時調整した量を飲むする必要がある。

 


予後

良い

内服薬にて長期的に安定した調子を維持することができる。

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.