マラセチア性皮膚炎・外耳炎


危険度

低い

 


発生頻度

犬:非常に多い

猫:少ない

 


分類

皮膚疾患

 


症状

皮膚(耳)が痒い、皮膚(耳)が赤い、皮膚(耳)が臭い、体を擦り付ける、体を掻く

 


詳細

マラセチアとは真菌(カビ)の一種であり、常在真菌でもあるため健康な犬や猫の体表には一定数が存在している。マラセチアは少数が存在しているだけでは特に何の問題も無いが、様々な理由によって異常に増殖した場合には皮膚炎を続発し、痒みや炎症を引き起こしてしまう。代表的な理由としては、皮膚の脂漏症やホルモン疾患などによる免疫の低下、アトピー性皮膚炎からの続発などである。犬では非常にポピュラーな疾患であり、特にシーズー、ビーグル、シェルティーなどの皮膚が脂っこい犬種では要注意である。犬に比べると猫では発生が少ないが、耳の悪化した個体では耳垢中にマラセチアが検出される事がある。

マラセチアは人の体表にも存在しており、ペット同士の感染やペットから人への感染は心配する必要が無い。

 


診断

皮膚検査や耳垢検査にてマラセチアの検出を行い、診断する。(顕微鏡下ではだるま型の酵母として見られる。)マラセチアが増殖した場合には皮膚から独特の臭いを発するため、慣れた者であればあたりを付けることは難しくない。耳の場合にも黒色のべたっとした特徴的な耳垢が見られることが多く、疑う事は容易である。

マラセチア自体の診断よりも、マラセチアが増える原因となった病気の診断が重要であり、そのためには皮膚検査、アレルギー検査、血液検査、超音波検査、皮膚病理検査など様々な検査が必要になる可能性がある。

 


治療

マラセチア自体の駆除は抗真菌薬の使用によって行う。耳や足先など症状が局所であれば塗り薬で行う事が多く、広範囲に及ぶようであれば内服薬を選択する事が多い。ただし抗真菌薬は肝臓に負担がかかる事があるため、可能であれば内服以外の方法で治療するのが望ましい。抗真菌薬に加えて洗浄の目的でシャンプーや耳浴を行う事も一般的である。またマラセチアによって悪化した皮膚には細菌の同時感染を起こしやすく、抗生剤も併用していく事が多い。患部を舐める場合には、舐める事でより症状が悪化するため、エリザベスカラーを装着して舐められないようにしたり、消炎剤を使用して痒みを抑える治療を加える事もある。アレルギー体質の患者では低アレルギー食の利用によって改善が見られる可能性があるが、おやつをあげないなどの厳密な管理が求められる。

健康な個体でマラセチアが増殖する事は少ないため、マラセチア自体の駆除と合わせて原因となる病気の治療も必要になる事が多い。

 

 


予後

良好

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.