網膜変性症


危険度

命に関わることはないが、進行性なので早期の発見・治療が重要になる

 


発生頻度

犬:多い

猫:少ない

 


分類

眼科疾患

 


症状

眼が見えない、瞳孔が開いている、物にぶつかる、怖がって動かない

昼間は見えているが夜に見えないという「夜盲」の症状がみられることもある

 


詳細

眼を通って来た光は網膜に到達し、そこで電気刺激に変更されて視神経を伝わっていく。これによって動物は物を見ることができているが、この網膜が変性を起こして視覚を喪失してしまう病気である。動物は両目の視覚を喪失していても記憶や嗅覚・触覚などでそれをカバーして生活しており、飼い主が失明していることに気づかないことも多い(片目だけの発症の場合にはより一層気付くことが難しい)。そのため病院にかかるころには病気が進行しきっており、治療を開始しても視覚の回復が難しいことが多い。

網膜が編成を起こす原因としては外傷や高血圧、感染症、網膜剥離、視神経炎などが代表的であるが、原因がわからないこともある。

 


診断

様々な眼科検査を行うことで失明に繋がる他の疾患を除外し、最終的に眼底検査を行うことで網膜に変性が起きていることを確かめて診断する。その際に網膜にどのような変化が起きているかによって変性の原因を明らかにすることができるが、他の眼科疾患を併発している場合にはハッキリと眼底が見えないこともある。

直接的な診断には必要はないが、どの程度の視覚が残っているか確かめたい場合にはERG(網膜電位図)という検査が有用である。ただし一般的な動物病院にはこの検査機器は置いていないため、この検査を行うには眼科専門病院や大規模な総合病院にかかる必要がある。

 


治療

網膜の変性を引き起こしている原因を突き止め、その治療を行うことが治療になる(例えば高血圧であれば降圧剤や心臓薬、視神経炎であればステロイドといいたように)。原因がわからない場合には対症療法として抗酸化作用のある薬剤やサプリメントを使用し進行を遅らせるとともに、原因の追究を行っていくことになる。

上述したように進行した状態で発見されることが多いため、治療の成績は良くないことがほとんどである。

 


予後

原因が突き止められ、早期に治療され、視覚が回復された場合には良好である。

そうではない場合には視覚の温存は厳しい。

さらには網膜変性が存在すると白内障やブドウ膜炎、緑内障を発症する可能性があるため、

長期的な眼の機能についても予後は良くないといえる。

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

更新日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.