熱中症


危険度

高い

治療の遅れが生命にかかわることがある

 


発生頻度

犬:多い

猫:少ない

 


分類

代謝性疾患

 


症状

ハアハアしている、体が熱い、嘔吐、ぐったりしている、涎を垂らしている、など

 


詳細

犬や猫は人とは異なり汗腺の分布が限られており、汗をかいて熱を逃がす事が難しい場合が多く、熱中症にかかりやすい。特に犬では外に散歩に行くことが一般的であり、地面との距離も近いため照り返しやアスファルトの蓄熱をより近距離で浴びる事になり熱中症が多くなる。猫では原産地が砂漠地域である事や、室内の涼しい環境でゆっくりしている事が多いため、犬ほど熱中症は多くないように思われるが、それでも夏のエアコンのない部屋に閉じこもっている場合などには熱中症を発症することはありうる。

熱中症は体温の調整機能がうまくいかず体温が高熱になり、それに伴う様々な有害反応が出てくる病気である。水分や電解質バランスの異常、タンパク質の変性、ショックに伴う循環不全など様々な影響が体にみられる。緊急疾患であり、早急に治療を行わないと命に関わったり後遺症が残ったりする可能性がある。屋外にいなくても発症する可能性は普通にあるため、室内飼いでも油断をしてはいけない。

環境のリスク因子としては、室温が高い、湿度が高い、風通しが悪い、急に気温が上がった、影で休む場所が無い、蓄熱しやすい素材が近くにある、などが挙げられる。個体のリスク因子としては、体毛が多い、肥満である、運動不足である、暑さに弱い犬・猫種である、短頭種である、高齢になっている、外飼いである、洋服を着せている、あまり水を飲まない、などが挙げられる。

 


診断

体温を中心とした一般状態の測定と、問診を行って診断する。熱中症が進行した場合には多臓器不全やショックを引き起こす可能性があるため、血液検査を行って状態を確認することも多い。

 


治療

治療として最も大事となるのは、早期に始めることである。そのため熱中症が考えられる状況で体を触って体温が高そうであれば、冷却治療を先に始めてから来院、検査などを行っていく方が良い。

治療として重要なのは体温を下げる処置であり、冷水を体にかける、扇風機などで風をおくる、保冷材や氷で体表の血管付近を冷やすなどの治療を行う。全身状態が悪化している場合には静脈を確保して点滴を行い、ショック予防のステロイドを投与する、血栓予防剤を投与するなどの治療を追加で行う。

また治療の遅れから多臓器不全になった場合には各臓器について対応した治療を行うことになるが、その際の治療成績は悪いことが多い。

 


予後

初期に適切に対処できていれば良好だが、発見が遅れたり治療がうまくされなかった場合には命に関わることもある。

基本的に一時的な疾患であるので、後遺症無く治ってしまえば予後は問題ない。

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.