尿道閉塞


危険度

高い

命に関わる緊急疾患である

 


発生頻度

犬:普通

猫:やや多い

どちらも雄にのみ見られる病気である

 


分類

泌尿器疾患

 


症状

尿が赤い、トイレに座っているが尿が出ない、排尿時に鳴く、トイレに行ったり来たりする

重症化して急性腎不全を伴う場合は、嘔吐や元気・食欲の低下がみられるようになる

 


詳細

尿の通り道である尿道に石や分泌物等が詰まってしまい、尿を放出できなくなった状態をさす。尿道の細い雄が発症することがほとんどで、尿道の太い雌にみられることはまずないと思ってよい。尿を出せない状態でも腎臓から新しい尿は作成されるため、最終的には行き場を失った尿が腎臓に負担をかけ急性腎不全を引き起こし、一気に状態が悪くなってしまうため緊急疾患である。

膀胱内に結石を抱える雄は常にこの病気になるリスクを抱えることになるため、尿石症に対する早めの対処を行うことが推奨される。

 


診断

超音波検査にて尿の貯留を確認した後、尿道にカテーテルを通すことで閉塞の存在が確定する。

猫の場合にはペニスの先端にプラグと呼ばれる分泌物等が詰まった栓状の物質が肉眼で確認できることもある。

 


治療

 

カテーテル等の管を使用して、詰まっている石や砂等を膀胱に押し戻すことが最優先の治療になる。この治療によって尿が排出可能になり急性腎不全のリスクを下げることができるが、尿道が詰まる原因となる物質を取り除いたわけではないので再度閉塞を招くリスクがあり、それを解消するための根本治療が必要となる。よって石を溶かしたり外科手術によって取り除いたり、膀胱の洗浄によって砂を回収したりという治療が続いて行われる(通常は尿石症による閉塞がほとんどなため)。

すでに急性腎不全を発症してしまっている場合にはそちらの治療も並行して行われる。

まれに閉塞部分を中心に尿道が損傷を起こしていることがある。尿がお腹の中に漏れ出ている場合には緊急手術となり、開腹してお腹を洗浄するとともに、尿道を皮膚に開口させる術式が取られることになる。尿が腹腔内に漏れていない場合には尿道の自力修復を待つことになるが、修復が上手くいったとしても尿道が狭くなる形で修復されており、再度閉塞を起こしてしまうということもありえる。この場合にも尿道を皮膚に開口させる手術が必要になる。

尿道閉塞や急性腎不全が落ち着いた後には尿石症が再発しないように、食事や投薬によってコントロールをしていくことも重要になってくる。詳しくは尿石症を参照。

 


予後

急性腎不全を発症している場合には予後があまり良くない。

尿道閉塞単体で早期発見された場合には予後は良いが、再発予防が必要である。

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.