尿石症(膀胱結石、腎結石、尿管結石含む)


危険度

雄:普通

雌:低い

雄の場合は尿道閉塞を起こす可能性があり、若干危険性がある

 


発生頻度

犬:多い

猫:多い

 


分類

泌尿器疾患

 


症状

頻尿、血尿、尿漏れ、排尿時に鳴く、トイレに行ったり来たり、トイレで座っている時間が長い、長時間尿が出ない

 


詳細

尿の中に含まれるミネラル成分等が析出し、石を形成してしまった状態を指す。

成分によっていくつかに分類されるが、犬・猫における尿石症はほとんどがストラバイト結石かシュウ酸カルシウム結石である。最も重要なのは結石が内科治療によって溶かすことができるかどうかであり、ストラバイト結石であれば溶ける可能性があるが、それ以外の結石では内科治療に反応することはまず期待できない。

<膀胱結石>

ほとんどの場合は、尿を一時的に貯めておく膀胱の中に結石が存在しており、これを膀胱結石ともいう。膀胱結石が存在すると、石が転がることで膀胱粘膜を傷つけてしまい膀胱炎を引き起こすことがある。また尿の通り道である尿道に石が詰まってしまい、おしっこができなくなる尿道閉塞を続発するリスクもある。

<腎結石>

腎臓に結石が沈着してしまった状態を指す。外科的に石を取り除くことが難しいため(手技として存在するが、リスクが高い)内科治療で対処するしかないが、結石が溶けない種類の場合は対処が難しい。

<尿管結石>

尿が作られる腎臓と尿が貯められる膀胱の間をつなぐ尿管に石ができてしまった状態。通常は片側に発生しており、発見されたときにはそちら側の腎臓が機能不全に陥っていることが多い。外科的に尿管を切開し結石を取り出すこともあるが、尿管は狭窄しやすいため積極的に手術を選択しないことも多い。

 


診断

尿検査、超音波検査、レントゲン検査、外注検査(結石分析)による。

一般的には尿検査を行って尿中の結晶を参考に結石の種類を絞り込む。しかし尿検査で検出された結晶と実際に存在する結石の分析結果が一致しないこともあるため、制度は100%ではない。

 


治療

<ストラバイト結石>

内科的治療をまず行う。必ずしも内科的治療で溶かすことができるわけではないので、外科的治療が必要になることもある。

<それ以外の結石>

外科的摘出

 

内科的治療を行う場合には、尿石症用フード、結石融解剤、尿PH調整剤を使用する。また、できるだけ水分を取ってもらうことも大事であり、膀胱内に古い尿が長時間滞留しないようにしていく。最も手軽で負担の少ない方法は、自宅の飲水環境を整えてもらうことで、水が入った容器をたくさん置いてもらったり、常に新鮮な水が飲めるようにこまめに交換することなどが考えられる。性格等で飲水量が少なく、なかなか水を飲んでもらえない場合には皮下点滴を行って飲水量の不足を補う方法もある。

雌でかつ膀胱結石が小さい場合には太めのカテーテルを膀胱へと挿入し、洗浄を行うことで結石が回収できることもある。

外科的治療を行う場合には全身麻酔下で結石の存在する場所を切開し、直接結石を回収する。

ちなみに尿石症の治療は石が溶ける・回収されればゴールではなく、次にまた結石ができないよう防止していくが大事であるため、どの種類の結石であろうとそれに対応したフードによる管理を行うことが推奨される。

 


予後

予後は結石のできる部位による。膀胱であれば比較的良いが、それ以外の場所ではあまり良くない。

うまくコントロールできずに再度結石ができてしまうこともあるため、再発予防が大事となる。

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.