ジアルジア


危険度

低い

 


発生頻度

犬:普通

猫:少ない

 


分類

寄生虫疾患

 


症状

下痢、血便、食欲低下など

ジアルジアは症状がハッキリと出ない事も多く、特徴的な症状も少ない。

 


詳細

ジアルジアは原虫に分類される消化管内寄生虫である。感染経路は経口であり、汚染された水などによって媒介される。ペットショップやブリーダーで蔓延しているケースが多く、ペットの購入時から下痢が続く場合にはジアルジアの可能性を考える必要がある。また購入直後にジアルジアの感染が認められた場合には、購入元への治療費請求が可能であるので、問い合わせをしてみると良い(購入時の契約による)。

ジアルジアは人にも存在する感染症であるが、犬や猫のジアルジアが人に感染するかどうかについてはまだハッキリとした結論は出ていない。とはいえ、ペットから感染する可能性は考える必要があるため、ペットにジアルジアが検出された場合にはトイレの掃除時に気を付けたり、手洗いをしっかりする事が推奨される。

ジアルジアはそこまで重篤な症状を引き起こす事は少ないので命に関わることは珍しく、どちらかというと下痢が続くことで飼い主の生活を困らせる事が問題になる。とはいえ適切な治療を開始すれば下痢が治まるまではそれほど時間がかからないので、一時的な辛抱である。(体からジアルジアを完全に排出するまでは時間がかかる事がある)


診断

問診と便検査が重要である。

問診では、ブリーダーやペットショップなど汚染されている可能性が高い環境で直近過ごしていないかが確認される。同居のペットや近所の犬・野良猫がジアルジアに罹っているような場合もハイリスクであるため、可能性が高まる。

便検査では、糞便中にジアルジアが見つかった場合に診断がなされる。しかし便検査におけるジアルジアの検出感度はあまり高くないため、感染個体でも便検査ではジアルジアが見つからないことも珍しくない。さらに症状に特徴が無いため、見逃されやすい病気でもある。便検査よりもコストはかかるが、検出感度の高い他の検査法として「下痢パネル検査」や「ジアルジア検査キット」が存在し、原因の分からない下痢が続く場合などに用いられる。

 


治療

駆虫薬の投与によって治療を行う。駆虫薬の種類によるが、単剤での治療成績は7~8割程度であり、効果の見られない場合には薬剤を変更したり組み合わせたりする必要がある。そのため完治するまでに時間がかかる事もある。

治療が終了した後に再発する事があり、多くの場合は「駆虫しきれていなかった事」ではなく「環境から再感染を起こした事」が原因と思われる。そのため患者本人への再感染を予防するために、シャンプーの実施や、肛門周りの毛刈り、部屋やベッドの消毒・掃除などをジアルジアの駆虫と並行して行う事が望ましい。

 


予後

治ってしまえば予後は良い

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.