水晶体核硬化症


危険度

低い

 


発生頻度

犬:非常に多い

猫:稀

 


分類

眼科疾患

 


症状

目が白い、目が濁っている

 


詳細

眼内には水晶体と呼ばれる透明なレンズが存在し、それを引っ張って厚みを変える事でピントを調整している。このレンズは加齢に伴って中央が固くなってくるが、その際に青白く変化してくる。これが水晶体核硬化症(以降、核硬化症と記載)であり、いわゆる老眼と思ってよい。高齢になった犬では良く見られ、人間の白内障が高齢で多く見られるために白内障と誤解される事が多い。白内障と核硬化症はレンズの変化という観点では同じであるが、全く異なる病気である。それぞれの差異は以下の通りである。

白内障:若齢でも発症する、視覚が無くなる可能性がある、他の眼科疾患を続発する可能性がある、レンズの辺縁から変化してくる

核硬化症:若齢での発症は無い、視覚は無くならない、他の眼科疾患を引き起こす事は無い、レンズの中央から変化してくる

最も重要な点は、「視覚は無くならない」という所である。核硬化症が起きたとしても外から入ってきた光は問題なく通過するため、見えなくなるという事はない。とはいえ、透明なレンズに曇りが発生しているため、クリアな視界が若干見え辛くなっているかもしれないが、動物において視界や視力を確かめる事は出来ないために、問題とされる事はない。また人間の老眼と同様に毛様体のピント調整機能の低下が同時に起こっているかについても、確認する方法が無いため問題にされる事はない。

水晶体の核硬化は炎症を引き起こす事はないため、違和感や痛みなども発生しない。そのため、長期間に渡って気付かずに放置されている事も多いと思われる。

 


診断

視診によって診断される。白内障と区別が付きにくいような場合には、散瞳処置を行ったうえでスリットランプ検査を行うこともある。

角膜の白濁や色素沈着が著しい場合、前眼房に出血を伴う場合などには、水晶体が外から見えないため核硬化症の有無を確かめる事は出来ない。

 


治療

前述した様に核硬化症は視覚を失う事は無く、他の病気を引き起こす事は無い。そのため特に治療を必要とせず、予防をする方法も無いため、経過観察が選択される。

青白くなってしまったレンズをどうしても元に戻したい場合には、外科手術によって人工レンズへの置換を行い、透明性を取り戻す事は出来なくはない。しかし実施に際して、全身麻酔のリスク、高額な治療費(数十万円)、手術後の合併症リスク(ぶどう膜炎、緑内障、網膜剥離)などを考えると全く推奨できない。

 


予後

良好。

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.