僧帽弁閉鎖不全症


危険度

普通

無治療でいた場合に、寿命の短縮が起こる

 


発生頻度

犬:非常に多い

猫:少ない

 


分類

循環器疾患

 


症状

咳が出る、あまり動かなくなった、元気がない、散歩に行くとすぐに歩かなくなる、息が荒い、苦しそうで眠れない、突然倒れる

 


詳細

心臓を構成する4つの部屋のうち、左側にある左心房と左心室の境界には血液の逆流防止の弁が存在している。これを僧帽弁というが、この弁が正常な状態を維持できずしっかりと閉鎖できない状態を僧帽弁閉鎖不全症という。逆流防止の弁が不調のため、心臓の血液の一部が本来の流れとは逆の方向に流れるようになる。心臓の左側は肺から戻った血液を全身へと送り出しているが、その血液がスムーズに送り出せなくなるために、心臓は無理をして働くようになる。その状態が長期間に及ぶと心臓の左心房が大きくなり、気管支を圧迫するようになり、この結果咳が出るようになる。また、血液循環の不調により患者は疲れやすくなったり、低酸素による運動不耐性の症状を示すようになる。この状態からさらに病気が進行すると、肺静脈に血液が滞るようになり、この部分の血圧が上昇する。そして高圧により血管から水が肺の内部へと漏れ出してしまい、肺水腫という非常に危険な病気へと繋がってしまう。

犬では僧帽弁の不調をきたすことが多いため、心臓が悪いと言われた場合にはこの疾患を意味していることがほとんどである。しかし猫ではこの疾患は少ないため、通常は別の心疾患である肥大型心筋症のことが多い。

この疾患にかかっている患者では気圧の変化により体調を崩すことが多く、台風や大雨などの低気圧が近づいてきた場合にはよく様子をみることが推奨される。

また僧帽弁には腱索と呼ばれる糸のようなものが付いており、心臓の鼓動や血流に合わせて弁と共に動いている。この腱索は突然切れることがあり(僧帽弁腱索断裂)、その場合には急速に病気が悪化する。

 


診断

聴診、レントゲン検査、心臓超音波検査、心電図検査を行い診断する。

一般検診の聴診で雑音が聞こえ、それによってこの疾患に気づくケースが多いので、日々の診察で聴診をしてもらうことが大事である。診断のために最も重要な検査は心臓超音波検査であり、これにより左心房・心室間の逆流や僧帽弁の異常を見つけることで確定診断となる。レントゲン検査や心電図検査は他の心疾患の除外や疾患の進行度合いの把握など補助的な目的のために行われる。

咳の原因が心臓にあるのか、呼吸器にあるのかハッキリしない場合には、血液を外部の検査会社に提出することで判断を進めることもある。

 


治療

早期発見の場合には経過観察となることもあるが通常は進行した状態でみつかるため、内服薬による治療を行うことが一般的である。疾患の進行度合いに応じて1~5種類の錠剤を内服することとなるが、他の心疾患を併発していた場合にはそちらに対する薬が追加になることともある。

なお心臓は治療によって元の健康な状態に戻る臓器ではないため、内科治療の目的は今以上に心臓が悪くならないようにする進行予防となる。根本的な治療を望む場合は外科的な手術が必要となる。

極少数の心臓専門医による外科手術も行われているが、専用の高度な機械を必要とすることなどが理由で手術代が非常に高額である。(病院にもよるが、100万円以上はすると考えた方が良い)

サポート的な役割として心臓用療法食による食事療法があり、減塩を中心とした組成のものがいくつかメーカーにより発売されている。それらを内科的な治療と併用できれば理想的であるが、減塩=嗜好性が低くなりやすく、実際には給餌できない場合も多いと思われる。

 


予後

それほど悪くない~非常に悪い

前述したように進行したものは戻らないため、早期発見・治療ができるかどうかによって予後は大きく変わる。肺水腫をきたすほどの状態に至った場合には、予後は非常に悪い。

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.