膝蓋骨(パテラ)脱臼


危険度

低い

 


発生頻度

犬:多い

猫:稀

 


分類

運動器疾患

 


症状

足を痛そうにする、足をつかない、後ろ足を延ばすような仕草をする

症状は必ずしも出るわけではなく、個体によっては膝蓋骨の脱臼をしていても無症状な場合もある。症状が出る個体でも常に症状が出ている事は稀であり、時折見られる程度の方が一般的である。

 


詳細

膝蓋骨(パテラ)は俗にいう膝の皿であり、その4方には靭帯が付着している。この膝蓋骨は大腿骨に存在する溝に嵌っており、膝の屈伸運動に合わせて靭帯に引っ張られながらその動きをを支持している。先天的にこの溝が浅かったり、靭帯の付着部位が異常だったりすると、運動の際に膝蓋骨が溝から外れてしまう(脱臼する)ことがある。小型犬では内方(体の中心方向)に、大型犬では外方(体の外側)に脱臼することが多いと言われている。

日本における飼育犬種は小型犬、特にトイプードルなどのトイ腫が増えており、これらの犬種においては頻繁に目撃される疾患である。ペットショップやブリーダーなどで子犬を購入する場合には、膝蓋骨の問題を抱えているかどうかを両親を含めて確認しておくことが望ましい。

脱臼のしやすさから1~4段階のグレードに分類され、年齢とグレードに応じて治療の方針が変わる。症状が常に見られるわけではないので特に気にせず放置されることもあるが、膝蓋骨の脱臼を繰り返し起こしている個体では膝関節の変性が正常犬よりも早く進行すると言われているため、できるだけ治療を行う事が推奨される。しかし脱臼を繰り返す個体では脱臼の際に痛みを感じなくなることが多く、本人の生活の質(QOL)を下げにくいために治療が選択されることが実際には少ないのではないかと予想される。一部の症例では強い痛みが続くことがあり、その様な場合には積極的な外科治療が推奨される。

 


診断

問診や、犬種などのデータベースに加えて、触診にて診断するが、膝関節の状態を確かめるためにレントゲン撮影を行うこともある。外科手術の前に、CT撮影を行って詳細な関節の状況を確認する可能性もあるが、比較的稀なケースかと思われる。

診察をスムーズに進めるために、余裕がある際に歩様や症状の動画を撮影しておくと良い。

 


治療

体重管理、内科治療、外科手術の3通りに分かれる。

<1、体重管理>

体重が増えると膝関節にかかる負担が増えるため、膝関節の保護を目的として行われる。膝蓋骨の脱臼自体を治すわけではないので、あくまでも対症療法という点に注意が必要である。

 

<2、内科治療>

こちらも対症療法ではあるが、消炎鎮痛剤を用いて膝の痛みを取り除きQOLの回復を目指す治療である。グルコサミン、コンドロイチン、緑イ貝などの関節サプリメントを併用することもあるが、人の医療と同様にサプリメントの使用については賛否両論である。

 

<3、外科手術>

根本的な治療となるのは外科治療のみである。全身麻酔下で膝の関節にアプローチし、

・大腿骨の溝を削って深くする

・ワイヤーで靭帯が引っ張られる方向を調整する

・靭帯付着部位を他の場所に転移する

などの手技を用いて膝蓋骨の安定化を計る。

 


予後

良い

命に関わるものではなく、手術後は予後が問題ない事がほとんどである。

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.