進行性網膜変性症(PRA)


危険度

低い

命に関わる病気ではないが、視覚を喪失する可能性は高い

 


発生頻度

犬:普通

猫:少ない

 


分類

眼疾患

 


症状

目が見えていない、目が大きく見える、瞳孔が開きっぱなしになっている、物にぶつかる、あまり歩きたがらない、夜だけ動きが違う

 


詳細

眼の奥には光を受け取って電気信号へと変換するための網膜があり、そこで変換された電気信号は視神経を通って頭へと送られる。この網膜が時間とともに変性を起こしてくる病気を進行性網膜変性(PRA)と呼ぶ。通常は中高齢の犬に両側性にみられ、まず夜に目が見えてない・見えにくいという症状が現れる(夜盲)。病気の進行とともに夜だけではなく昼間も見えなくなり(全盲)、視覚を喪失してしまう。

視覚の喪失が問題となり白内障も同時に発症していた場合には、白内障によって視覚が喪失したようにみえて実はこの疾患が原因だったということも起こりえる。そのため白内障の手術の前には必ずこの病気が存在していないことを確かめる必要があり、これを怠った場合には白内障の手術をしたのに見えるようにならないという悲劇が起きる可能性がある。

この疾患は遺伝性であることが知られており、関連遺伝子が複数報告されている。そのためこの病気を発症してしまった個体は交配に用いることは薦められない。なおダックスフントは好発犬種として知られており、日本での飼育頭数の多さからも最も注意が必要である。ダックスフントの一部のブリーダーは遺伝子検査を行ってこの疾患の発生確率が低いことを保証しているところもある。(遺伝子検査で問題なければ絶対に発生しない、ということではない)

犬や猫に関しては視覚を喪失してもそれほど生活に苦慮しないケースも多いため、放置されることもある。しかしこの病気からは白内障、ブドウ膜炎、緑内障と他の眼の病気に繋がる可能性があるため、目薬やサプリメントの投与を行った方が望ましい。

 


診断

問診に加えて、眼科検査によって診断する。

特に暗闇の中で歩く様子を観察したり、眼底検査を行うことが診断的価値が高い。視覚喪失については他の眼科疾患でも起こりうるため、それらを鑑別するために眼圧やスリットランプ検査なども行われる。一般的な病院に置いてあることは少ないが、発症初期の場合や状態を数値化したい時には網膜電位を測定する検査を行うこともある。

 


治療

根本的な治療法は存在しておらず、進行を予防するために抗酸化作用のある薬やサプリメントを使用することが一般的である。

 


予後

命に関わらないという意味では良い。

しかし病気は確実に進行してしまい、最終的には見えなくなるという意味では悪いといえる。

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.