臍ヘルニア


危険度

低い

(稀にヘルニア孔が大きい場合があり、その場合は中程度)

 


発生頻度

犬:普通

猫:低い

 


分類

先天性疾患

 


症状

お腹にしこりがある、デベソがある

消化管がヘルニア孔に嵌まり込んだ場合には、嘔吐、下痢、食欲廃絶などが起こる可能性がある

 


詳細

臍帯は母体と胎児を間接的に繋ぐ管であり、胎児への酸素や栄養の供給に重要な役目を持っている。これは出生後に不要になるため退縮し、通常はヘソが痕跡を残すだけである。時折ヘソの形成が上手くいかずに、ヘソ周辺に腹膜の閉じていない大きな穴が残ることがあり、これを臍ヘルニアと呼ぶ。臍ヘルニアの穴からは腹腔内の脂肪が皮下に飛び出してくることが多いが、これであればただのデベソで健康上に何の支障もきたさない。しかし穴があまりにも大きい場合には消化管が飛び出してくることがあり、嵌まり込んだ消化管が動かなくなり機能不全になってしまった場合には命に関わる事もあり得る(稀なケースではある)。

ペットショップやブリーダーでは販売後に客とトラブルになることを避けるために、実際にヘルニア孔が開いている・いないに関わらず「臍ヘルニアがある」と言って客に子犬や子猫の販売を行うことがあるので注意が必要である。もしその様に言われた場合にはまず獣医による診察を受けて、本当に臍ヘルニアがあるかどうかを確かめた方が良い。そして臍ヘルニアがなかった場合には、以後それらのペットショップやブリーダーを利用することは避けた方が良いと思われる。

 


診断

触診によって診断可能なケースがほとんどである。

レントゲン検査や超音波検査によって、ヘルニア孔の大きさや飛び出してきた腹腔内臓器の詳細を確認することもある。

 


治療

全身麻酔をかけて、ヘルニア孔を縫って閉じることが治療となる。方法としては、体に吸収されない種類の糸を使用して縫いつけて終わりにする方法と、あえて腹膜に傷をつけてから吸収される糸で縫い付けて癒着させる方法との2通りがある。前者は簡単かつ極短時間で終わる術式であるが、糸が経年劣化で切れた場合に再発する可能性があることから推奨されない。後者は若干の手間は掛かるが、再発することがないためより望ましい方法である。

臍ヘルニアは健康を害することが少ないので、臍ヘルニア単独の治療のための全身麻酔はためらわれることが多い。よって去勢・避妊手術や、歯石スケーリングの際の全身麻酔と一緒に治療が行われることが一般的と思われる。

 


予後

良い。

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.