子宮蓄膿症


危険度

高い

生命に関わる疾患であり、早急な治療を必要とする

 


発生頻度

犬:多い

猫:少ない

 


分類

生殖器疾患

 


症状

元気食欲の低下、嘔吐、陰部からおりものが出る、など

 


詳細

雌の生殖器は膣、子宮、卵巣で構成されているが、この内の子宮に感染が起こり膿が貯まったものを子宮蓄膿症と呼ぶ。子宮に膿が貯まった個体は急速に体調が悪化し、元気食欲の低下や嘔吐の症状を呈することで発覚することが多い。命に関わる疾患のため、この病気が疑われる時にはすぐに動物病院にかかるべきである。

中高齢の犬で見られることが多いが、若齢犬や猫でも発症する子はある。特に発情後に発症することが多いため、避妊をしていない個体では発情の時期を把握しておくと良い。

避妊手術で子宮を摘出している場合はこの病気になることは無いが、避妊手術が卵巣摘出のみの場合には子宮が残存しているため、子宮蓄膿症になる可能性はある。そのため子宮蓄膿症の予防を目的として避妊手術を行う場合には、必ず子宮を摘出する必要がある。

子宮蓄膿症と似た病気に、子宮に水が貯まる「子宮水腫」が存在する。この両者は超音波検査の見え方で判別できることもあるが、見分けがつきにくい事もある。子宮水腫自体は無症状な事が多いが、この病気から子宮蓄膿症に続発するとも言われているため、どちらの病気にせよ発見次第治療を行った方が良い。

 


診断

問診の内容と、超音波検査の結果を合わせて診断する。診断には直接関わらないが、全身状態の把握や麻酔の可否を判断するために血液検査も同時に行う事が普通である。

触診で子宮蓄膿症の診断を下す獣医も過去には存在し、検査をしなくとも診断できる名医として紹介されることもあった。しかし子宮蓄膿症が疑われる症例に触診を行うと、脆弱な子宮が破裂して中の膿が腹腔内に広がってしまう危険性があり、現在では推奨されないやり方である。

 


治療

子宮蓄膿症は外科疾患であり、手術以外で治すことは難しい。年齢や飼い主の方針によって全身麻酔が困難な場合に内科的な治療を行う事はあるが、治療成績はかなり悪いと思われる。即日手術を行う事もあれば、内科治療によって全身状態の改善を行ってから手術を行う事もある。

<外科治療>

全身麻酔下で卵巣・子宮の摘出術を行う。子宮は場合により破裂・穿孔しており、腹腔内に膿が漏れ出していることがあり、その場合には腹腔内を念入りに洗浄する必要がある。術式は通常の避妊手術と変わらないため決して難しい手術ではないが、全身状態が悪化している中での手術になることがほとんどのため、術中・術後に死亡する可能性もそれなりに存在する。子宮が炎症によって肥厚していたり、卵巣が異常に腫大していたりするため、腫瘍疾患を否定するために摘出臓器を病理検査に提出することもある。

 


予後

急性増悪期を脱出すれば、予後は良好である。

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.