歯周病


危険度

口内環境の悪化は全身に悪影響を及ぼす

 


発生頻度

犬:非常に多い

猫:非常に多い

 


分類

歯牙疾患

 


症状

口が臭い、歯を気にする、食べる時に口が痛そう、食べるペースが遅い、食欲がない、よだれが多い、頬が腫れた、など

 


詳細

犬や猫でも人間と同様に歯周病が存在しており、歯磨きなどの定期的なデンタルケアを怠った場合には歯石の付着や歯肉の炎症などが発生する。人とは異なり虫歯の発生は稀であるものの歯周病の発生は非常に多く、デンタルケア自体を嫌がるペットの多さと相まって広く蔓延している状態である。

歯周病は進行してしまうと元には戻らず、最終的には歯が抜け落ちたり抜歯が必要になったりと歯の維持も難しくなってしまうために予防が大切となる。予防にはデンタルケアが必須であり、最も効果の高いのは歯ブラシを使った歯磨きである。食べかすなどの歯垢は数日経過すると歯石へと変化し、除去が困難になってしまうためにできるだけ毎日のブラッシングが推奨される。とはいえ急に歯ブラシを使ってのブラッシングは受け入れられることがほとんどないため、少しずつ歯磨きに慣れさせていくことが必要である。歯ブラシ自体に慣れる→口周りに触ることに慣れる→歯に触ることになれる→歯に歯ブラシを当てることに慣れる→歯ブラシによる歯磨きに慣れる、と段階を踏んで少しずつ進めていくべきである。歯磨き以外の方法としては、布で歯を拭く、歯磨きガムを与える、マウスケア用品を飲み水に加えるなどの方法があるが、歯磨きに比べると効果が劣る(それでも何もやらない事よりは、望ましい)

上の奥歯の歯根部は頬に近く、ここに感染・炎症が起きた場合に頬が腫れたり皮膚がはじけて排膿することがある(外歯瘻)。また鼻の穴にも近いため、奥歯の歯周病・歯根膿漏によって鼻水・鼻血がみられることもある。

 


診断

視診とレントゲン検査により行う。歯周病の診断だけであれば視診だけで充分であるが、状態の詳細な把握にはレントゲン検査を行って歯の根元をチェックすることが必要になる。特に重度の歯周病の場合には下顎骨が容易に骨折することがあり、そのリスク評価のためにもレントゲン検査は欠かせない。

歯肉に触れされることで口内環境の評価ができるシートも開発されており、そちらを使用して状態の数値化を行うことも可能である。

 


治療

【外科治療】

根本的な治療を行うには全身麻酔下での歯科治療が必要である。超音波チップによって歯石を除去し、歯周ポケットの掃除を行い、研磨剤にて歯の表面を磨いて仕上げる。歯周病が進行していて歯の温存よりも除去が望ましい場合には、抜歯が行われる。特に犬や猫では歯が無くても食事に困ることは無いため、積極的に抜歯をすることも多い(全ての歯を抜くこともある)。なお抜歯後の穴が問題になることは少ない。

大人しい患者では無麻酔での歯石除去を行う病院もあるが、歯の専門医で推奨するものは少ないと思われる。それは以下の理由による。

・無麻酔では疼痛が強く、患者へのストレスも大きいから

・無麻酔では歯の裏側などのアプローチしにくい場所の歯石の除去が難しいから

・歯石を除去しただけでは歯の表面に微細な傷がついていて歯石が再付着しやすく、歯の表面を磨くポリッシングが必要であるから

・除去した歯石等の誤嚥リスクがあるから

 

【内科治療】

内科的な治療として、抗生剤や消炎剤、抗ウイルス剤の投与を行う事もあるが、あくまでも対症療法であり根治は不可能である。

 

 

理想の治療は外科的処置によって口腔内を一度綺麗にし、それを日頃のデンタルケアで維持していくという事である。悪化を防ぐために口腔内サプリメントの使用や歯石除去効果のあるフードなどを併用していくのも良いが、必須ではない。

 


予後

適切に管理できていれば良好

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

更新日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.