膵炎


危険度

高い

場合によっては亡くなることもあり、入院が推奨される

 


発生頻度

犬:非常に多い

猫:普通

 


分類

消化器疾患

 


症状

食欲不振、元気低下、下痢、嘔吐、腹痛など(個体差あり)

 


詳細

食べ物の消化液やホルモンの分泌を行っている膵臓に炎症が起きた結果、膵炎となる。本来は消化管の中で活性化するはずの消化酵素がそれ以外の所で活性化してしまい、自己消化に伴う炎症を引き起こすことで症状が出る。高齢や衰弱した個体では生命にかかわる疾患であることに加えて、一度治療して落ち着いたとしても再発したり慢性経過をたどることも多いので油断ができない病気である。直接的な原因をハッキリさせることは難しいが、血液循環の低下による膵臓低還流、腸内細菌の膵管経由感染、近傍の胆管・肝臓の炎症の波及、口腔内細菌の血行性感染などが代表的な候補として考えられる。そのためストレスや肥満、他の消化器疾患、ステロイド等の免疫抑制剤の使用、全身麻酔の実施などが存在すると発症リスクが高くなるといわれている。

なお膵臓は血糖値をコントロールするためのインスリンも生産しており、膵炎によってこのインスリン分泌機能が障害を受けてインスリン分泌不全となり、糖尿病となってしまうこともある。

 


診断

血液検査、超音波検査、外注検査等の結果から総合判断して診断する。病院の血液検査ではアミラーゼやリパーゼが測定されることが多いが、どちらも膵炎の感度・特異度があまり良くないため参考程度である。超音波検査も重度の膵炎の場合には決定的な像がみられるが、ほとんどの場合は疑いを持つ程度の変化しかみられず、膵炎があっても正常な像しかみられないこともある。外注の血液検査(犬:Spec cPL、猫:Spec fPL)が感度・特異度ともに優秀であり、この結果をもとに診断をつけることも多い。

異物などの他の疾患を否定するためにレントゲン検査等も良く行われるが、レントゲン検査自体は膵炎の診断に繋がることはない。

 


治療

点滴、抗生剤、制吐剤、鎮痛剤がメインの治療薬となる。基本的に入院して点滴治療を行っていくが、早期発見などで調子が落ちていない場合は通院治療を行うこともある。病院の方針にもよるが、入院期間の目安は5~7日程度。

単純な膵炎だけであれば治療への反応性は良好だが、高齢で回復力が落ちている場合や胆管炎、十二指腸炎などの近傍臓器の炎症と関連して発症している場合、慢性膵炎から発症した場合などでは治療に反応せず亡くなってしまうケースもある。

2018年10月1日にZENOAQより新薬「ブレンダZ」が発売され、急性膵炎に対する治療成績の向上が期待される。

治療後は再発の予防が重要となり、犬では低脂肪食を中心とした食事によって再発を予防していくことが一般的である。猫では膵炎に対する低脂肪食の有効性が証明されておらず、低アレルギー食が選択されることが多いと思われる。

 


予後

治療後は良好。慢性膵炎になった場合は定期的な通院や投薬治療が推奨される。

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

更新日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.