前十字靭帯断裂


危険度

低い

 


発生頻度

犬:多い

猫:少ない

 


分類

運動器疾患

 


症状

足を痛そうにする、足をつかない、後ろ足を触ろうとすると怒る、痛そうにして動かない、足を横にして座る、など

靭帯が断裂したことによる痛みが症状を引き起こす。骨折のように足がプラプラする事はない。

 


詳細

膝を屈伸させる際に骨の動きを制限する靭帯が膝周りにいくつか存在しており、その中の一つが前十字靭帯である。前十字靭帯は脛骨が前方に飛び出すのを防ぐ役割を担っており、人間のスポーツ選手でよく見られるように急激な負荷がかかった場合や外傷などによって断裂してしまう事がある。前十字靭帯が完全に切れてしまうと「断裂」、一部が切れてしまった時は「部分断裂」と呼ばれる。

前十字靭帯断裂が起きた場合には、膝関節の不正な動きによって周辺の半月板が損傷する事も多く、関節鏡で半月板の確認が必要な場合もある。

大型犬による発症が多く、体重の軽い小型犬や猫では発症が少ない。体重との関連性が高く、肥満による膝関節への負荷増大は前十字靭帯断裂のリスクを高めるため、注意すべきである。

 


診断

問診や触診、レントゲン撮影を行って診断する。典型的な場合には触診だけで診断がつくこともあるが、痛みによる抵抗や部分断裂による前方引き出し兆候の低下などで前十字靭帯断裂かどうかはわからないケースの方がほとんどである。

追加検査として関節鏡検査やCT検査などが行われる事がある。関節鏡検査は前十字靭帯と半月板の状況を確認するために行われる。CT撮影を行って詳細な膝関節の状況を確認する可能性もあるが、診断にはそこまで必要としない上に一般的な病院ではCT検査機器を保有していないため、稀なケースかと思われる。

痛みや性格によって攻撃性が高すぎる場合には、検査のために鎮静処置が必要となることも有る。

 


治療

治療には内科治療と外科治療の2通りが存在する。

<内科治療>

靭帯の断裂が部分的だった場合や、体重の軽い小型犬や猫では外科的な治療を施さなくても落ち着く可能性がある。そのため体重を減らして関節への負担を減らすとともに、消炎鎮痛剤を用いて痛みを取り除き靭帯の安定化を待つ治療法である。前十字靭帯が断裂するのは活動性の高い個体が多いため、治療のためにじっとしている事が難しく、治りきる前に再度悪化してしまう事もありうる。

メリット:全身麻酔や手術を避けられる、治療費用が安い

デメリット:治るまでに時間がかかる、治りきるまでに再発する可能性がある

 

<外科手術>

大型犬には基本的に外科手術が適応となる。切れてしまった前十字靭帯自体の再建は難しいため、前十字靭帯の代わりに脛骨の前方への移動を妨げる構造を作り出す事が手術の目的となる。手術の術式としては色々なものが開発されており、半月板の損傷の有無や術者の好みによって選択がなされている。

メリット:大型犬でも治療が出来る、膝関節の安定化度合いが高い

デメリット:全身麻酔が必要である、治療費用が高い

 


予後

良い

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.