チェリーアイ


危険度

低い

 


発生頻度

犬:少ない

猫:稀

 


分類

眼科疾患

 


症状

眼が赤い、目頭が腫れている、視線が斜めになっている、など

 


詳細

犬や猫は瞬膜という3つ目の瞼を保有しており、眼球の保護や涙液の分泌などの役割を担っている。その瞬膜には涙を分泌する瞬膜腺が存在しているが、瞬膜を支える軟骨の反転や瞬膜の炎症などによって瞬膜腺が外側に飛び出してしまう病気をチェリーアイと呼ぶ。外から見た場合には目頭に白い膜が飛び出しているように見えるのが一般的だが、瞬きの拍子で元に戻ったりすることもある。飛び出した瞬膜腺は乾燥や感染などによって炎症を起こし、赤く腫れあがるが、患者本人が違和感を感じる事は少ない。それに加えて視覚に関わる病気ではないために、様子見で放置されることも多い。しかし長期間にわたってチェリーアイを放置した場合には手術をしても元に戻らなくなってしまったり、瞬膜腺の機能低下によって涙が不足してドライアイになったりする可能性があるため、早めに治療を行った方が良い。

通常は片側だけにみられるが、発生には遺伝の関連も疑われるため、逆側に発生する可能性も考えておく必要がある。チワワやペキニーズ、アメリカンコッカースパニエルなどの犬種で発生率が高い。

 


診断

チェリーアイの診断は視診によって行われるが、検査機器や専門知識を必要としないため診断自体は容易である。

 


治療

内科治療と外科治療が存在するが、根本治療となるのは外科治療のみである。また本人が目を気にするようであれば、これらの治療とは別にエリザベスカラーで目の保護を行った方が良い。

<内科治療>

ステロイドなどの消炎剤や、抗生剤の目薬を点眼し、瞬膜や瞬膜腺に起きている炎症を鎮めることで瞬膜腺の脱出の改善を図る方法である。それなりの効果が期待できるが根本的解決ではないために、いずれ再発する事が多い。再発までの時間は個体差があり、長い場合には数年後に再発することもある。再発が速い場合には積極的に外科治療を行う事が推奨される。

 

<外科治療>

全身麻酔をかけ、瞬膜腺を定位置に戻すための手術を行う。瞬膜に存在する軟骨の変形が著しい場合には、そちらの部分切除が必要になる事もある。外科手術は根本的治療であり最も望ましい治療の選択肢だが、術後にチェリーアイが再発する事もあるのは知っておくべきである。なお瞬膜腺自体を切除する術式も存在し、こちらは再発する恐れが無いものの、術後に涙の分泌不足によってドライアイを発症する可能性があり、推奨されない。

 


予後

良好だが再発することがある。

 

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.