胆泥症


危険度

低い

 


発生頻度

犬:多い

猫:少ない

 


分類

消化器疾患

 


症状

無症状

この病気単体で特定の症状を出すことはない。

 


詳細

肝臓が分泌した消化液(胆汁)は食べ物を消化する時にだけ消化管に放出するのが最も効率的であり、そのために消化液を一時的に保管する場所が必要であるが、その役割を担うのが胆嚢である。この胆嚢において本来はサラサラのはずの消化液がドロドロと泥状になって貯まっている状態が胆泥症である。胆泥はサラサラしたものから非常に粘稠性が高いものまで、さまざまな性状を示す。胆嚢内に胆泥が貯まっているだけであれば特に症状は出ず、体に悪いことは何も無い。しかしこれらの胆泥が胆嚢内に感染を起こりやすくしたり、消化液の通り道の胆管を閉塞させたりする可能性があるため、できるだけ胆泥が無い状態を維持することが望ましい。そして胆泥症は悪化すると胆石や胆嚢粘液嚢種へと発展し、よりハイリスクな状態になってしまう事がわかっている。とは言え治療の優先順位は低く、実際には無治療で経過を見る事が多いのも事実である。

太っている患者や、高脂血症の患者において発生しやすいため、生活習慣病的な意味合いも強い疾患である。特に犬では食事の富栄養化、室内飼育の増加、寿命の延長によって胆泥症が見つかる確率が高くなってきている。

 


診断

超音波検査によって診断されるが、この病気を見つけるために行われる事は少なく、健康診断や他の症状で検査を行った際にたまたま見つかる事が多い。

高脂血症と関連性が強いため、血液検査によって脂質系のチェックを同時に行う事が推奨される。

 


治療

獣医師の間でも治療についてハッキリとした結論は出ておらず、どの段階から治療を開始するかについては主治医の判断に依るところが大きい。特に症状を伴わないために飼い主が治療を希望しないことも多く、無治療で経過を見ることも多い。超音波検査にて胆嚢の拡張が認められる場合、胆泥の量が多い場合、胆泥の粘稠性が高い場合、胆泥のエコー輝度が高い場合、患者が肥満の場合などではリスクが高いと思われるため、積極的な治療が推奨される。

治療については、食事療法と内科療法の2種類がある。体質的な影響が大きいのか、どの様な治療を選択しても胆泥が完全に無くなる事は少ないように思われる。

<食事療法>

低脂肪食を中心としたローカロリーな食事を与えることで改善を図るが、肥満の個体ではダイエットを兼ねることが多い。即効性のある方法ではなく、長期的に継続した取り組みが必要である。おやつや人間の食べ物を与えるなどは以ての外である。

<内科療法>

胆汁の流れを良くする薬を内服することで行う。胆管を拡張させる薬を併用することも可能であるが、無症状の胆泥症にそこまでする事は少ないと思われる。

 


予後

胆泥症単体の場合には、予後は良い

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.