胆石


危険度

低い

 


発生頻度

犬:少ない

猫:少ない

 


分類

消化器疾患

 


症状

無症状、お腹が痛そう、嘔吐、食欲低下、黄疸

無症状な場合がほとんどであるが、胆石によって胆嚢炎や胆管炎、胆管閉塞が引き起こされた場合には疼痛や黄疸などの症状が引き起こされることがある。

 


詳細

肝臓が分泌した消化液(胆汁)は食べ物を消化する時にだけ消化管に放出するのが最も効率的であり、そのために消化液を一時的に保管する場所が必要であるが、その役割を担うのが胆嚢である。この胆嚢に石状の固い物質が形成されることがあり、これを胆石と呼ぶ。胆泥症から続発して発生する場合が多いが、胆泥がなく胆石のみ存在する場合もあり、必ずしも胆泥症と関連があるわけではないと思われる。

胆石自体は偶然見つかる事が多いが、これは症状が見られないことが多いということでもある。胆石が存在しても他に悪影響を及ぼさなければ問題は無いが、胆石によって胆嚢の内皮細胞に傷がついて胆嚢炎を引き起こしたり、胆石がある事によって感染が起きやすくなり胆嚢炎になったり、胆管に詰まってしまって胆管閉塞を引き起こしたりする恐れがある。そういった場合には消化器系の症状や黄疸が見られるようになり、治療が必要となる。

 


診断

超音波検査やレントゲン検査によって診断されるがこの病気を見つけるために行われる事は少なく、健康診断や他の症状で検査を行った際にたまたま見つかる事が多い。

 


治療

無症状時に予防的な治療をするかどうかについては明確な基準は存在しないため、既往歴や年齢、肝胆の状態に応じて随時相談することにはなるが、基本的には経過観察で良いとされている。胆嚢炎や肝炎を併発した場合には、内科治療や外科治療が適用される。胆管閉塞を起こした場合には外科治療がほぼ必須となる。

 

<内科治療>

胆石自体の治療ではなく、胆石によって2次的に発生した胆嚢炎・肝炎に対する治療である。抗生剤や利胆剤、強肝剤、消炎剤などを使用して肝臓や胆嚢・胆管の治療を行う。

 

<外科治療>

・胆管閉塞以外の場合

全身麻酔下で胆嚢を切開し、胆石を摘出する手術を行う。胆泥症や胆嚢粘液嚢種を併発している場合には胆嚢の切除を同時に行う場合もある。胆嚢自体は切除しても生活に支障をきたさないが、術後に肝数値が上昇して治まらない場合があるため、そのリスクを理解した上で実施すべきである。

・胆管閉塞の場合

閉塞場所にもよるが、胆嚢・胆管もしくは十二指腸を切開し結石自体を牽引するか、生理食塩水の水流によって十二指腸へと押し流すことで閉塞を解除する。胆管を切開した場合には術後の合併症として閉塞を起こす可能性があるため、できるだけ避けた方が良い。

 

予後

基本的に予後は良い

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.