椎間板ヘルニア


危険度

低い

ただし、麻痺が強く自力での排泄が不可能の場合には危険度が高い。

 


発生頻度

犬:少ない(ミニチュアダックスフントで多い)

猫:稀

 


分類

脳神経系疾患

 


症状

立てない、後ろ足を引きずる、抱っこすると痛そうに鳴く、フラフラ歩く、尿がでない、便が出ない、元気がない、下ばかり向いている

 


詳細

脊椎の中を走る神経である脊髄が、脊椎と呼ばれる骨と骨の間にある椎間板によって圧迫される疾患。脊髄圧迫の場所や強度によって症状は様々であり、首の場合には麻痺というよりは痛みが出ることが多く、それに伴って元気や食欲が低下することもある。腰の場合には痛みよりも麻痺がみられやすいため、本人は元気そうだが後ろ足を引きずるという症状が典型的である。Mダックス、コーギー、フレンチブルドッグなどの軟骨異栄養性犬種において発症率が高い。肥満や高所からの飛び降り癖、後肢で立ち上がってのけ反る癖などがあると発症リスクが高まる。麻痺が強い場合に排尿や排便にかかわる神経も影響を受けて排泄ができないこともあり、その場合には緊急性が高い。椎間板ヘルニアが疑われる症例のうち数%は脊髄軟化症であるとの報告もあり、こちらの病気は致死的で治らない病気のため鑑別が必要になる。

 


診断

問診、脊椎の触診、レントゲン検査、CT検査によって診断するが、他の疾患を除外するために血液検査や超音波検査を併用することも多い。

触診と問診だけでもこの病気と発症部位を疑うことはできるが、確定診断を行うためにはそれ以外の検査が必要である。通常のレントゲン検査では診断がつかないことがほとんどであり、脊髄造影を加えることで診断精度を高めることは可能である。ただし確定診断や病変部位の特定、手術前の状況把握にCTが必要なことも多く、現在は脊髄造影を行うよりもCT検査を行う方が多いと思われる。CT検査には全身麻酔が必要というデメリットがあったが、最近のCTは高性能になっており無麻酔での撮影が可能な施設も出てきており、検査のハードルも下がっている。

 


治療

内科的治療の場合はステロイドを使用し、炎症が静まるのを待つことになる。半数近くの症例で内科的治療に反応がみられるが、根本的な治療ではないため再発する可能性が高い。また、体重を減らして脊椎への負担を減らすことが非常に重要である。

外科的治療の場合は骨を削って椎間板による圧迫場所にアプローチをし、圧迫している椎間板物質を除去する手術を行う。治療成績には術者の腕前と術後のリハビリテーションの頻度が大きくかかわってくる。手術の成功率は100%ではないため、手術をしたのに治らなかったという可能性もあることには注意が必要である。手術費用の目安は一般病院で20万前後、専門医では30万以上ではないかと思われる。

 


予後

外科的治療を行って完全に回復した場合は良好。

内科的療法の場合は再発リスクを常に抱え続けることになり、あまり良いとは言えない。

 

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

更新日:

Copyright© わんにゃんライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.