猫に必要な予防

猫に必要な予防は把握されてますか?

「混合ワクチンはうっているから大丈夫」?

では猫の予防は混合ワクチンで全てでしょうか、

それを見ていきましょう。

猫で予防できるものには、

1、パルボウイルス、ヘルペスウイルス、カリシウイルス ⇒ 混合ワクチン

2、猫白血病(FeLV) ⇒ FeLVワクチン

3、猫エイズ(FIV) ⇒ FIVワクチン

4、ノミ、ダニ ⇒ ノミダニ予防薬

5、フィラリア ⇒ フィラリア薬

の5つがあります。

順番にみていきましょう。

1、パルボウイルス、ヘルペスウイルス、カリシウイルス

猫の混合ワクチンで予防しているのは、通常この3種類のウイルスです。

たまに2、猫白血病も一緒に予防できるワクチンをうっている方がいますが、

特に希望がなければ普通はこの3種類のみのワクチンを使用するはずです。

どれも感染してしまうと治療が難しいウイルス疾患であり、

中でもパルボウイルスは症状が重篤化すると危険なウイルスです。

それらをできるだけ予防していくわけですが、

残念ながらヘルペスやカリシウイルスはほとんどの猫が感染しており、

出産時に母親から伝染されていることが多いです。

なのでこの2つについてのワクチンは感染をシャットアウトするというよりは、

症状が悪化しないように常に免疫を維持し続ける目的が強いかもしれません。

いずれにせよ、やっておいて損はない非常に大事な予防であります。

2、猫白血病

猫白血病はFeLVウイルスに感染することによって引き起こされ、

発症すると貧血や腫瘍、免疫不全を引き起こす可能性があります。

これも母親から伝染されていることがありますが、

それ以外にも経口感染・経鼻感染によって伝染していきます。

特に野良猫では感染率が高いため、元野良猫を保護して飼い始めた場合には、

このウイルスに感染していないかチェックしておいたほうがよいです。

猫が完全室内飼いの場合には感染リスクはそこまで高くないので、

ワクチンをうって予防をしなくても大丈夫かと思います。

しかし常に家にいる猫でも、網戸越しに野良猫からうつされたりする可能性もあり、

念を入れてワクチン予防しておく価値は一応ありそうです。

なお、外を出歩く猫の場合にはワクチンをうって予防したほうが良いです。

ちなみに猫がすでに猫白血病ウイルスに感染している場合は、

FeLVワクチンをうつことはありません。

そのためこのワクチンをうつ前には必ずFeLVにかかっていないか、

ウイルスのチェックをすることが必要になります。

(血液を少量取ればその場ですぐに結果がわかります。)

3、猫エイズ

猫エイズはFIVウイルスに感染することで引き起こされ、

人のエイズと同様に免疫不全を引き起こします。

猫白血病と同じように野良猫の感染率が高く、

元野良猫や外に出歩く猫では注意が必要です。

さて、猫エイズでもご多分に漏れずワクチンが存在していますが、

うたない方が良いです!

なぜかといいますと、

FIVワクチンの有効性が確認できないという論文が発表されており、

現時点ではワクチンをうつことに対して獣医学的根拠がありません。

もちろん効果がある可能性も残っていますので、うってみてもよいですが、

お金の無駄になるかもしれませんし、ワクチンをうって調子が崩れたり、

注射部位肉腫になったりするかもしれませんので、

はっきりいってデメリットの方が大きいと私は思います。

なので私は自分が診察に出ている時にも、ワクチンをうつことはすすめてません。

もし獣医に勧められた場合には、よく話を聞いてからの方がよいでしょう。

4、ノミ、ダニ

暑い時期にはノミダニが活発に活動しており、猫に寄生する可能性があります。

都内で自然が少ない所だとダニはほぼ見ないですし、

室内飼いだとノミがついてる確率はそれほど高くないのは確かです。

それでも年に数例は完全室内飼いの猫にノミが寄生した症例を診ますので、

費用面が気にならなければ予防するに越したことは無いです。

室内飼いの猫ですらそのような状況ですので、

不衛生な環境で変われていたり、外に出歩く猫だと当然寄生される可能性が高まります。

ちなみにノミもダニも治療ができないわけではないのですが、

面倒なところがそれぞれありますので、やっぱり予防推奨です。

ノミの場合には部屋の中ででライフサイクルが回っており、

カーペットや絨毯などの中にノミの卵やさなぎ、幼虫が潜んでいる可能性があります。

猫についたノミを駆除しても部屋の中で生まれたノミが新たについては意味がないので、

部屋の中もバルサンなどで駆虫をする必要が出てしまうのです。

ダニの場合には、刺された状態を引っ張って抜こうとしても抜けません。

口吻に釣り針の「返し」のようなものがついていて、抜けない構造をしているのです。

無理に引っ張っても針先が本人の体に残りますので、

皮膚を切ったり、刺さっている口吻周辺を針でほじったりして抜くのが理想です。

まあ当然痛いし嫌がるので、鎮静処置が必要になったり本人がストレスを感じたりと、

色々負担が大きいわけなのです。

ということでしつこいですが予防推奨です。

5、フィラリア

フィラリアは犬糸状虫と呼ばれる寄生虫で、犬の予防対象としては有名です。

そしてあまり知られていないと思いますが、猫もフィラリアに感染します。

犬と同じようにフィラリアに感染した蚊に血を吸われると感染する可能性があります。

猫は犬よりもフィラリア感染に対する抵抗性が高いですが、

もし感染してしまった場合には突然死や呼吸器症状などを引き起こす可能性があります。

しかも診断が難しいと来ていますので、金銭面的に問題なければ予防推奨です。

ちなみにノミ・ダニと一緒に予防できるスポットオン製剤があるので、

それを使うと非常に便利でおススメです。

猫フィラリアについてさらに詳しく知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。

猫のフィラリア予防は必要なのか?その理由と方法

まとめ

さて、猫の予防について混合ワクチン以外のものも取り上げてみました。

最低限であれば、混合ワクチンの接種のみを行っておく

余裕があればFeLVワクチンやノミダニ、フィラリア予防も追加できるとなお良し

といったところが結論になります。

しっかり予防をして、長生きできるようにしていきましょう!

<関連記事>

猫のフィラリア予防は必要なのか?その理由と方法

注意

 

 

 

 

※注意事項

このサイトの医療情報を基にご自身で病気を判断することは控え、必ず獣医師の診断を受けてください。また当サイトの情報を基に行動されて発生した不利益等について、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承ください。

更新日:

Copyright© わんにゃんライフ ~獣医師監修~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.